特別史跡五稜郭跡の石垣崩落について

2020年3月10日

石垣の崩落について

特別史跡五稜郭跡の石垣は,築造から150年以上が経過し,

孕(はら)みや滑(すべ)り出しなどの破損が確認されていましたが,

平成30年4月25日(水),五稜郭の堀内周南側石垣が崩落しました。

崩落規模は幅約7m,高さ約2m,奥行約1mとなっております。

 

 

(平成30年4月25日:崩落直後の写真)

 

 

安全確保のため堀内周石垣には近寄らないでください

史跡来訪者の安全確保と崩落の拡大防止のため,

下記のとおり史跡の景観への影響や利用についての一部制限を行います。

 

史跡来訪者や地域住民の皆様にはご不便,ご迷惑をおかけしますが,

ご理解とご協力をお願いいたします。 

 

 ○立ち入り禁止区域の設定

  崩落石垣周辺にバリケートを設置し,立ち入り禁止区域を設定しております。

 

 ○シートによる石垣保護

  応急措置として崩落部分をビニールシートで覆っております。

 

 ○堀内周石垣周辺への接近禁止

  石垣崩落直後に目視により他の堀内周の石垣に新たな崩落がないことを確認しておりますが,

  崩落箇所以外においても地盤がゆるんでいることが考えられるため,

  堀内周の石垣には近寄らないでください。

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
電話:0138-21-3456