検便について

2018年6月22日

検便の流れ

  1. 衛生試験所の微生物担当窓口で,申込用紙と人数分の採便容器をお渡しします
  2. 容器に便を採取後,窓口へ提出していただきます。
  3. 検査手数料を現金でお支払いいただきます。この時点で申し込みとなります。
  4. 問題がなければ,申し込み日から2日後の午前10時に検査結果が発行されます。

 

受付可能日時

申し込み可能日時は,月・火・水曜日の8時45分から12時00分,13時00分から15時00分となっています。

 

ただし,祝日およびその前日,ならびに年末の一定期間は受け付けができません。

詳細はH30年検便予定表(PDF形式:273KB)をご参照いただくか,微生物担当(0138-32-1543)までお問い合わせください。

 

また,5名様以上の申し込みには事前予約が必要となります。

 

検査項目および料金

1名様ごとに下記の料金が発生します。

 

 1.腸内細菌科菌群
(赤痢菌・腸チフス菌・パラチフスA菌・サルモネラ属菌)
700円
 2.腸管出血性大腸菌O157 700円 
 3~4.その他の菌種 700円(追加1培地ごと) 
 5.寄生虫卵(回虫卵)
 ※この項目単体でのお申し込みはできません。
130円 

 

※ノロウイルスの検査はできません。

 

検査結果の受け取り

基本的に微生物担当窓口まで受け取りに来ていただきます。

問題がなければ申し込み日から2日後(祝日の場合は翌開庁日)の午前10時に検査結果が発行されますので,それ以降にお越しください。

ただし,検出状況によっては検査継続となり,予定通りの発行ができない場合があります。その際にはお電話にてご連絡差し上げます。

 

ご希望があれば検査結果の郵送も可能です。

申し込みの際に切手を貼った返信用封筒をお持ちいただき,その旨お伝えください。

 

注意事項

便の採取について

便の状態が悪いと再提出が必要になる場合があります。

(例)

  • 量が少ない(最低10円玉1枚分の重さが必要
  • 採取から時間が経っている(できれば当日,最低でも前日の採取が必要)
  • 蓋が開いている,綿棒が一緒に入っているなどの理由で乾燥してしまっている

 

再提出が必要になると,その分検査結果の発行が遅れますのでご注意ください。

再提出の場合でも申し込み可能日時は変わりません。なお,追加料金はかかりません。

 

また,採便容器にある氏名,会社・事業所名,便の採取日,服薬 (抗生物質)の有無は忘れずにご記入ください(記載がない場合はお申し込み時にお訊きします)。

 

その他

  • 検査項目は指定していただきます。わからない場合はあらかじめ提出先等にご確認ください。

 

参考:検便の検査依頼の方は(PDF形式:261KB)

 

PDFファイル PDFファイルについて

PDFファイルの閲覧には、アドビリーダーという専用のソフトを用います。
以下から閲覧ソフトをダウンロードしてインストールすると見ることができます。
PDF閲覧ソフトの取得ページへ

アドビリーダー(外部リンクです)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

保健所 衛生試験所
細菌検査室・微生物担当(五稜郭町23番1号)
電話:0138-32-1543
ファクシミリ:0138-32-1505