鹿角の釣り針で縄文文化を体験~縄文海釣り体験~

2017年6月24日

 H29縄文海釣り体験の画像1   H29縄文海釣り体験の画像2

 ▲縄文海釣り体験の様子

 

平成29年6月18日・24日の2日間、縄文文化交流センターと函館博物館の主催による「縄文海釣り体験」を開催し、市内の親子連れ約40人が参加しました。

1日目は、同センターで市内の縄文遺跡から発掘された釣り針を見学後、エゾシカの角をヤスリで削ったり、砥石で研磨するなどして「鹿角釣り針」づくりが行いました。

2日目は、臼尻漁港に会場を移して、自作の釣り針を使った海釣りに挑戦しました。約90分間で10~15センチメートル魚を中心に30匹以上釣り上げ、歓声や拍手が何度も聞こえ、会場は大いに盛り上がりました。

縄文時代の海釣りの様子を思い浮かべながら、体験を楽しむ参加者の笑顔がとても印象的でした。

 

 

H29縄文海釣り体験の画像3 H29縄文海釣り体験(鹿角の釣り針づくり)の画像

▲ 縄文海釣り体験と体験に使用した鹿角の釣り針づくりの様子

 

※ 提供しているデータのうち、文字、文章のみをオープンデータ対象とし、写真については対象外とします。
・ 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
・ 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
・ 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
・ 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
・ 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

南茅部支所 地域振興課
電話:0138-25-5111
ファクシミリ:0138-25-5110