小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)・窒息事故に注意しましょう!

2017年11月24日

小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)・窒息事故に注意!

このたび、消費者庁消費者安全調査委員会より、「玩具による乳幼児の気道閉塞※1事故」に係る事故等原因調査の報告書が取りまとめられ、小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)※2 ・窒息※3事故に関する注意喚起が公表されました。

 

※1.食べ物又は異物により、気道が閉塞することをいう。

※2.食べ物又は異物が、何らかの理由によって、誤って気管に入った状態をいう。

※3.気道が閉塞して呼吸ができず、酸素不足の状態(低酸素症)のことをいう。

 

子どもには「何でも口に入れる」という行動特性がありますので、小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)・窒息事故を防ぐため、以下の点に御注意ください。

 

  • 直径や対角線長が6~20mmの大きさのおもちゃは、子どもが口に入れると窒息のおそれがありますので、特に乳幼児が口に入れないように注意を徹底しましょう。

  • 小さいおもちゃなどは子どもの手の届かない所に保管しましょう。

  • 製品ごとに表示されている、対象年齢に満たないおもちゃの購入・使用は控えましょう。兄弟がいる家庭では年上の子どものおもちゃに注意しましょう。

  • 離乳食・ミルクを与える前には、おもちゃなどの異物が口腔内に無いことを確認しましょう。

  • 窒息時の救急救命法などの動画を視聴して、いざという時に備えて覚えておきましょう。

お問合せ先

消費者庁消費者安全課 岡崎、山川、鈴木

電話:03(3507)9137(直通)

FAX:03(3507)9290

URL:http://www.caa.go.jp/

 

 

関連情報

 参考情報

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

市民部 くらし安心課
電話:0138-21-3189
ファクシミリ:0138-23-7173