平成28年度 市民憲章実践委嘱校制度

2016年11月10日

市民憲章実践委嘱校制度 

平成19年度より、市内の小学校と中学校から各1校を「市民憲章実践委嘱校」に指定し、二年間にわたって市民憲章に因んだ活動を実践していただき、二年目には、その活動の成果を発表していただく制度です。

 

平成28年度活動発表会の概要

平成27年度から平成28年度の2年間は函館市立石崎小学校に委嘱しその成果発表が平成28年10月29日に「教育実践地域公開」として行われました。

石崎地区は地域住民と学校との繋がりが市内でも非常に強い地域として知られており、発表会にも地域の方がたくさん見学に来ていました。

 

日時:平成28年10月29日(土)

場所:市立石崎小学校

内容:開会式~オープニングセレモニー~

        公開授業

        閉会式

   

 

    

◎オープニングセレモニー

  

発表会はオープニングセレモニーから始まり、ミュージカル調に歌や踊りで歓迎され、その後『はこだて賛歌』をみんなで歌いました。石崎小学校は給食の時間に毎日『はこだて賛歌』を放送しているため全員が歌詞を暗唱出来ていました。

石崎小学校が取り組んできた市民憲章にちなんだ活動としては、毎年目標を設定しランニングを行うこと(健康で働く函館市民、にぎわうまち)、花壇に花を植える学校花いっぱい活動(自然を生かす函館市民、きれいなまち)、地域の近隣学校と一緒に行うセーフティドライバー運動(郷土を愛する函館市民、のびゆくまち)などです。

 

◎公開授業の様子

1・2年生

 地域住民の方と一緒におはじきやお手玉など昔のなつかしい遊びを学んでいました。

 

 

3・4年生

石崎漁協の方を講師に招き、石崎の漁業について学んでいました。
 
 
5・6年生
修学旅行で行った青森と函館とのちがいや、地元 石崎町の良さなどを、タブレット端末を活用して発表していました。
 
 
◎閉会式
閉会式では大場校長先生のお話がありました。石崎小学校は地域とのつながりを大事にしており、これまで小学校が行ってきた活動は市民憲章の理念に沿った活動になっているようでした。
 
 
石崎小学校のみなさんや先生方、保護者のみなさまや地域住民のみなさま本当にありがとうございました。
これからも、市民憲章の精神を心に置き、地域に密着した様々な活動を続けていって欲しいと思います。
 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち、紙面内の文字、文章、表のみをオープンデータ対象とし、写真、図については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

市民部 市民・男女共同参画課
電話:0138-21-3139
ファクシミリ:0138-23-7173