民泊サービスの提供をお考えの方へ

2018年4月5日

民泊サービスを行うためには北海道への届出が必要です

 

 

住宅宿泊事業法に基づき住宅宿泊事業(民泊サービス)を営もうとする場合は,北海道への届出が必要です。営業が開始出来るのは,平成30年6月15日からになります。詳しくは北海道のホームページをご確認ください。

 

北海道民泊ポータルサイト~民泊の手引き,問合せ先などが掲載されています。

 

届出をせずに宿泊料(名称は異なっていても宿泊に対する対価とみなせるもの)を受けて人を宿泊させると法律に基づき罰せられます。また,ホテルや旅館などを営む場合は,これまでどおり旅館業法に基づく保健所の許可が必要です。詳しくは保健所生活衛生課までお問い合わせください。

 

 

 

※民泊サービスとは

法令上の定めはありませんが,住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部または一部を活用して宿泊サービスを提供することを指して「民泊サービス」ということが一般的です。

 

 

 

民泊サービスと旅館業法に関するQ&Aはこちら

 

 

関係法令・通知

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
環境衛生担当
電話:32-1521