マイナンバー:マイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請について

2018年1月16日

個人番号カードについて,次の項目に分けてご案内しています。

 

                 ○ マイナンバーカードとは

                 ○ マインナンバーカードの申請方法

                 ○ マインバーカードの受取方法

                 ○ 電子証明書とは

 

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

マイナンバーカード(個人番号カード)は

マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。


  ・ マイナンバーカードは,プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名,住所,生年月日,性別

   の他,マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。


  ・ 本人確認のための身分証明書として利用できるほか,自治体サービス,e-Tax等の電子証明書を

   利用した電子申請等,様々なサービスにもご利用いただけます。

 

 

                                              〈マイナンバーカード(個人番号カード)イメージ〉

 

                                  (表)                        (裏)

   個人番号イメージ.png     個人番号カードイメージ裏.png

 

 

マイナンバーカード(個人番号カード) で できること

 

 個人番号を証明する

  マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で,

  マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できます。 

 

 各種行政手続きのオンライン申請

  平成29年1月から開始されるマイナポータルへのログインをはじめ,

  各種の行政手続きのオンライン申請に利用できます。

 

 本人確認の際の公的な身分証明書

  マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では,これ1枚で済む唯一のカードです。

  金融機関における口座開設・パスポートの新規発給など,様々な場面で活用できます。
 

 各種民間のオンライン取引に

  オンラインバンキングをはじめ,各種の民間のオンライン取引に利用できるようになります。

 

 ※ その他,将来的には

   市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要な複数のカード機能を一体化したり,

   コンビニなどでの各種証明書の交付媒体として利用される,といった可能性が考えられます。

 

 

マイナンバーカード(個人番号カード)の有効期間

 

 

000379925.jpg 

 

 

個人番号カード外国人の有効期限

 

 


マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法

○郵送による申請

   1 通知カードとともに届いた個人番号カード交付申請書をご利用ください。

    この届いた個人番号カード交付申請書にあらかじめ記載されている

     住所・氏名・生年月日・性別 に変更があった場合は,

     手書きによる交付申請書をお使いいただく必要があります。

     くわしくは,お住まいの市区町村へお問い合わせください。

         

   

     ◇手書きによる交付申請書の入手方法

      ・ お近くの市区町村窓口で取得

      ・ 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のHPから様式ダウンロード

      手書きによる交付申請書は個人番号の記載が必須となります。 

 

   2 申請書に必要事項を記入・押印のうえ,ご本人の顔写真を貼り,

     封筒に入れて下記へお送りください。

 

      ◇申請書送り先

       〒219-8650

        日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号

        地方公共団体情報システム機構

        個人番号カード交付申請書受付センター 宛

 

        

               通知カード送付時に同封された申請書送付用封筒(料金受取人払)の差出有効期間は平成29年10月4日までとなっていますが,

      平成31年5月31日まで有効な封筒としてご利用が可能となりましたので,訂正せずにそのままお使いいただけます。

 

     

      また,申請書送付用封筒宛名用紙(申請書送り先)や組み立て用封筒こちらからダウンロード出来ます。

 

 

○スマートフォンから

   1 スマートフォンのカメラで交付申請書のQRコードを読み取り,

     申請用WEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録。

   2 登録されたメールアドレス宛てに通知された専用WEBサイトにアクセスし,

     スマートフォンのカメラで撮影した顔写真を登録。

   3 申請情報を登録・送信します。

 

☆くわしい申請方法等について

   次のリンク先をご覧ください。

 

   くわしい申請方法と申請の流れについて

   顔写真のチェックポイントについて

 


マインナンバーカード個人番号カード)の受取方法

○交付申請されたマイナンバーカードについては,平成28年1月より地方公共団体情報システム機構で

 作成されたカードが市区町村へ送付され,申請者へは市区町村から交付通知書が送られます。

 

○交付通知書が届いた方は,そのハガキに記載された期限までに必要なものをお持ちになり

 記載された交付場所(本庁舎または各支所)へご本人にご来庁いただきます。

 交付通知書は「転送不可」の送付となりますので郵便局で「転送のお届け」をされている場合は,

 配達されませんのでご注意ください。

 

15歳未満の方または成年被後見人に対しては,マイナンバーカードを直接交付することができません

 ので,カード受取のためのご本人来庁にあたっては,必ず法定代理人が同行してください。

 

申請受付後からカード交付までに1ヶ月ほどの期間を要します。

 即日交付はできませんので,ご注意ください。

 

 《市役所および各支所の窓口受付時間は》

 平日 8:45~17:30まで

  ※ 休日は土・日・祝日および 年末年始(12/29~1/3)

  ※ 交付手続きは,お一人につき20~30分程のお時間がかかりますので,

    お時間に余裕をもってご来庁ください。

 

受取に必要なもの(ご本人による受取。代理人による受取については,次の項目をご覧ください)

次の 1~5 をご用意ください

 

 1. ご本人の通知カード

 2. 交付通知書(ハガキ)

 3. ご本人の判子(印鑑)

 

 4. ご本人の本人確認書類

    (15歳未満の者又は成年被後見人の場合は,同行する法定代理人の分も同様に必要)

 

  A 次のうち1点

   ・運転免許証

   ・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)

   ・パスポート(旅券)

   ・住民基本台帳カード(顔写真付き)

   ・身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳

   ・療育手帳

   ・在留カード,特別永住者証明書

   ・一時庇護許可書,仮滞在許可書

 

  B Aをお持ちでない方は,次のうち2点

     ※氏名(カナは不可)と,生年月日または住所の記載が確認できるのものに限る

   ・健康保険被保険者証(保険証),介護保険被保険者証

   ・医療受給者証

   ・年金手帳,公的年金証書

   ・社員証,学生証,学校が発行した在学証明書

   ・預金通帳

   など

 

 5. ご本人の住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

 

代理人による受取の場合に必要なもの

ご本人が病気,身体障害,その他やむを得ない理由でご来庁されることができない場合に限り

代理人にカードの受け取りを委任できます。

※「歩行・移動に支障はない症状だが,身体障害者手帳を持っている」

 「仕事が終わってからでは平日に市役所へ受け取りに行くことができない」

 といった内容はやむを得ない理由に該当しませんので,代理人による受け取りはできません。

 恐れ入りますがそのような場合は,窓口の受付時間内でご本人がお越しいただける時に

 受取に必要なものをご用意のうえでご来庁ください。

 

次の 1~8 をご用意ください

 

 1. ご本人の通知カード 

 2. 交付通知書(ハガキ)

 3. 代理人の判子(印鑑)

 

 4. ご本人の本人確認書類 ・・・ ア,イ,ウ のいずれか 

  ア 上段4-Aのうち 2点

  イ 上段4-Aをお持ちでない方は,上段4-のうち 3点(うち1点は顔写真付き)

  ウ 上段4-A上段4-Bそれぞれ1点ずつ

 

 5. 代理人の本人確認書類 (顔写真付きのものが必要です) ・・・ ア または イ

    ア 上段4-のうち 2点

    イ 上段4-のうち 1点 と 上段4-うち 1点 の 計2点

 

 6. 代理人の代理権を証明する書類

    ア 法定代理人の場合

   ・戸籍謄本

   ・成年後見登記事項証明書等,その資格を証明する書類(作成後3ヶ月以内のもの)

    イ 任意代理人の場合

   ・委任状 (交付通知書(ハガキ)の「委任状」欄への申請者ご本人による記入・押印)

 

 7. ご本人の出頭が困難であることを証する書類

     (例) 診断書,本人の障害者手帳,本人が施設に入所している事実を証する書類

 

 8. ご本人の住民基本台帳カード (お持ちの方のみ)

 

 

電子証明書とは

電子証明書は2種類あります。

くわしくは総務省公式サイトのこちらをご覧ください。

 

署名用の電子証明書

インターネット等で電子文書の作成・送信する際に利用します。

   電子申請(e-Tax等)

   民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など

 

「作成・送信した電子文書が,あなたが作成した真正なものであり,あなたが作成したものであること」

 を証明することができます。

 

利用者証明用の電子証明書

インターネットサイトやキオスク端末(液晶モニタ,タッチパネル,パソコンがセットされた情報端末)

 などにログイン等をする際に利用します。

   行政サイト(マイナポータル等)へのログイン

   民間のサイト(オンラインバンキング等)のログイン

   など

 

「ログイン等した者が,あなたであること」を証明することができます。

 

暗証番号の設定

暗証番号はご来庁の前にあらかじめ考えておいてください。

 

次の 1~4 の設定をしていただきます (電子証明を搭載しない方は,3~4のみの設定)

 

1. 「署名用の電子証明書」の暗証番号     ・・・ 英数字(A~Z,0~9) 6 文字以上 16 文字以下

2. 「利用者証明書用の電子証明書」の暗証番号 ・・・ 数字 4 桁

3. 「住民基本台帳事務用のアプリ」の暗証番号 ・・・ 数字 4 桁    

4. 「券面事項入力補助用のアプリ」の暗証番号 ・・・ 数字 4 桁

 

※  は英字だけ,または数字だけの設定はできません。

   (英字+数字の組み合わせ 6文字以上16文字以下でお考えください。)

 

※ 2~4 は 数字 4 桁 です (同じものとすることができます)。

 

※ やむを得ず任意代理人がご来庁になる場合の暗証番号の設定は,

  「交付通知書(ハガキ)」ウラ面下部の記入欄へご本人に暗証番号をご記入いただき,

  表面に貼ってある目隠しシールを再利用して,記入した暗証番号の上に貼ってください。

  記入していただいた暗証番号は職員が確認・設定し,代理人にカードを交付します。

 

 

「住民基本台帳カード」および係る「電子証明書」の交付終了(~平成27年12月)

○マイナンバー制度の導入により,現在の住民基本台帳カードの発行は平成27年12月末をもって

 終了しました。ただし,すでに交付された住民基本台帳カードは,失効とならない限り有効期間終了まで

 引き続きお使いいただけます。

 

○住民基本台帳カードとマイナンバーカードの両方を所持することはできません。

 個人番号カード交付時に,お持ちの方は住民基本台帳カードを返納していただきます。

 

 ○マイナンバー制度導入により住民基本台帳カード向け電子証明書の交付は平成27年12月22日をもって

 終了しました。

 

   >> 公的個人認証サービスについて

   公的個人認証サービスの電子証明書有効期間満了に伴う失効に関するリーフレット(総務省)


カード交付に関する市役所へのお問合せは

市民部戸籍住民課 ・・・ 臨時の電話窓口を設置しています。

 

    0138-21-3745     対応時間 : 平日 8:45~17:30

    0138-21-3746     休  日 : 土・日・祝日

 

市内各支所の担当窓口

    湯川支所 戸籍住民担当     0138−57−6162

    銭亀沢支所           0138−58−2111

    亀田支所 戸籍住民担当     0138−45−5583

    戸井支所  市民福祉課     0138−82−2112

    恵山支所  市民福祉課     0138−85−2335

    椴法華支所 市民福祉課     0138−86−2111

    南茅部支所 市民福祉課     0138−25−6043

 

上記の窓口のほか通知カード・マイナンバーカード(個人番号)についてのお問合せ先

内閣府 「マイナンバー総合フリーダイヤル」

 

平成28年4月1日より 平日         9:30~20:00まで

            土・日・祝日   9:30~17:30まで

 

                       0120-95-0178 (無料)

 

マイナンバーカードの紛失,盗難などによる一時利用停止については,

24時間365日受け付けます。

    その他 ,「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや,マイナンバー制度に関するお問合せ

    にお答えしてます。音声ガイダンスに従って,お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。    

      

     ※ 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

        ・マイナンバー制度に関すること         050-3816-9405

        ・通知カード,マイナンバーカードに関すること  050-3818-1250

 

     ※  外国語対応(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)のフリーダイヤル

        ・マイナンバー制度に関すること         0120-0178-26 (無料)

        ・通知カード,マイナンバーカードに関すること  0120-0178-27 (無料)

 

その他マイナンバー制度の関連情報

総務省公式サイトはこちらです

国税庁公式サイトはこちらです

内閣官房公式サイトはこちらです

厚生労働省公式サイトはこちらです

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 


 

お問い合わせ

市民部 戸籍住民課
証明担当
電話:0138-21-3745