まつ毛エクステンションの危害に関する注意喚起

2015年5月30日

注意喚起

国民生活センターの報告によれば、まつ毛エクステンションの施術を受けて、目の周りがかぶれたり、目に傷がついたという危害情報が数多く寄せられています。

 

まつ毛エクステンションは、刺激に敏感で感染症などにかかりやすい目の周辺への施術であり、高度な知識や技術が要求されるため、施術には美容師免許が必要となります。

 

施術を受ける際には、施術者が美容師の資格を持っていることに加え、健康被害のリスクについての十分な説明を受け、トラブルがあったときの対処方法も十分確認しておきましょう。

 

また、まつ毛エクステンションの施術を受けたことにより、目やその周辺に異常を感じた場合には、すぐに皮膚科や眼科等の医療機関を受診するとともに、消費生活センターへ相談しましょう。

 

外部リンク(独立行政法人国民生活センター)

後を絶たない、まつ毛エクステンションの危害

 

相談窓口

  • 施術を受けたことによりトラブルが発生した場合→函館市消費生活センター(電話)0138-26-4646

  • 無資格者が施術をしていると思われる場合→保健所生活衛生課環境衛生担当(電話)0138-32-1521

 

 

 過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

                          

関連ワード