地域公共交通確保維持改善事業の実施状況について

2014年12月18日

当局では,国の「地域公共交通確保維持改善事業」の活用により路面電車事業の活性化と経営基盤の確立を目指し,「函館市交通事業経営計画(第2次)」に基づいた実施計画を策定するため,道路管理者,警察および地域住民代表などから構成する「函館市路面電車整備推進協議会」(以下「協議会」という。)を設置しております。

この協議会では,函館市LRT整備計画」(~函館市交通事業経営計画(第2次)の推進に向けて~)を策定し,(1) 軌道の改良等に関する事項   (2) 車両の改良等に関する事項   (3) 路面電車における走行環境等の向上に関する事項   (4) その他路面電車に係わる事項 を協議し,毎年,会議を開催しながら計画の進捗状況について定められた様式により自己評価することとしております。

平成25年度には,国の補助対象事業として 1)超低床式車両の導入 2)制振軌道の整備 を実施しており,平成26年2月24日に協議会を開催し,その自己評価を行いましたので公表いたします。

なお,この自己評価により,北海道運輸局が開催する第三者評価委員会において,客観性・妥当性の検証及び,今後に向けてのアドバイスを受けることとなります。

 

 

(いずれもPDFファイルです。)

函館市路面電車整備推進協議会における地域公共交通確保維持改善事業の概要(0.7MB)

事業実施と生活交通ネットワーク計画との関連について(0.1MB)

地域公共交通確保維持改善事業・事業評価(生活交通ネットワーク計画に基づく事業)(0.1MB)

 

 

☆★函館市企業局交通部★☆

 

関連ワード

お問い合わせ

企業局交通部 施設課
電話:0138-51-7565