令和2年度(2020年度)教育委員会運営方針(年度評価)

2021年7月13日

組織の使命

教育委員会は,学校などの教育機関を管理し,学校の組織編成や,教育課程,教科書をはじめとする教材の取り扱いなどの事務を行うとともに,社会教育その他教育,学術・文化に関する事務を管理・執行する機関であり,教育長および4人の教育委員の合議により,教育行政を担っています。

 

人口減少や少子・高齢化に加え,人口知能やビックデータ,IoTなどの技術革新により,個人の価値観やライフスタイルの多様化,地域社会におけるつながりや支え合いの希薄化,生活のなかでの急速な情報化など,社会が大きく変化しているなかで,市民一人ひとりが主体的に社会に関わり,多様な課題を解決しながら,活力ある地域社会を創り出していくことが求められています。

 

こうしたことから,郷土の歴史や文化を誇りに思い,地域の発展を支える人材の育成を担う教育の役割がますます重要となります。

 

教育委員会としては,「函館市教育振興基本計画」に基づき,「生涯を通じて学び続け,主体的に判断して変化する社会を生きる人」,「寛容さと思いやりの心をもって,多様な人々と絆を結び共に支え合う人」,「世界に目を向け,新たな価値を創り,まちの魅力を高める人」の育成をめざし,教育行政を推進してまいります。

 

 

組織の基本方針

《学校教育部》


 子どもたちに,新しい時代を生き抜くために必要な資質・能力を確実に育むとともに,子どもたちが函館の魅力を感じ,関わりを深め,愛着や誇りをもち,未来に向かって新たな価値を生み出すことができるような教育を推進することが重要です。
 そのため,各学校において,変化する社会を生きる力を育成するとともに,地域とともにある学校づくりを推進するほか,函館への愛着や誇りと未来へ飛躍する力を育成するための取組を進めます。

 

《生涯学習部》


 市民一人ひとりが,生涯にわたり,様々な分野の学習活動に参画し,豊かな感性や郷土を愛する心を育むとともに,その成果を生かすことができる,心豊かで活力にあふれるまちづくりを進めることが重要です。
 そのため,市民の主体的な生涯学習活動を支援するとともに,文化芸術活動の促進や文化遺産の保存活用を図るほか,ライフステージに応じたスポーツ・レクリエーション活動を促進するための取組を進めます。

 

 

年度評価 総評

令和2年度においては,新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大に伴い,学校の臨時休業や施設の休館など,児童生徒の学習や,市民の文化芸術・スポーツ活動等に影響が及んだところですが,教育委員会では,「函館市教育振興基本計画」に基づき,感染症拡大防止対策を講じながら,学校教育および生涯学習の各分野の取組を進めました。

 

学校教育の分野においては,「変化する社会を生きる力の育成」,「地域とともにある学校づくりの推進」,「函館への愛着や誇りと未来へ飛躍する力の育成」の3つの基本目標に基づき,新学習指導要領に対応した授業改善の推進をはじめ,GIGAスクール構想やいじめの未然防止対策の推進,通学路安全対策の推進,特別支援教育の充実,不登校対策の推進,コミュニティ・スクールの推進,教員研修の充実,教職員の働き方改革の推進など,様々な取組を進めました。

 

また,生涯学習の分野においては,「生きがいを創り出す生涯学習の推進」,「心の豊かさを育む文化芸術の振興」,「健やかな心身を育むスポーツの振興」の3つの基本目標に基づき,各種生涯学習事業・高齢者対象大学の実施,市民文化祭の開催,縄文文化交流事業の推進,「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けた取組の強化,地域スポーツへの参加機会の充実,市民だれもが参加できるスポーツ・レクリエーション活動の充実,大規模スポーツ大会・プロスポーツイベントやスポーツ合宿などの誘致など,様々な取組を進めました。

 

今後においても,引き続き,感染症拡大防止対策を講じながら,「函館市教育振興基本計画」に掲げる「函館の教育がめざす人間像」の実現に向けて,当計画に定める6つの基本目標に基づき,家庭,地域,学校,各種団体,企業,高等教育機関など多様な主体が連携・協働を図りながら,教育施策の総合的・計画的な推進に努めてまいります。

 

 

 令和2年度(2020年度)教育委員会運営方針の年度評価.pdf(2MB)

 


 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。