令和元年度(2019年度) 土木部運営方針

2019年7月9日

組織の使命

土木部の使命は,市民や地域の視点に立ち,安全・安心な生活と地域経済を支える社会資本(道路・河川・緑地)を提供するとともに,それらを良好に維持,管理し,公共の福祉の増進を図ることにあります。 

組織の基本方針

次の5項目を基本方針として定め,土木部の使命を果たすため,積極的な取り組みを進めます。

1 人にやさしい安全・安心なまちづくり

2 水や緑が豊かで快適な空間の提供

3 広域交流ネットワークの形成

4 各関係機関との連携と協働

5 効率的・効果的な組織運営の推進

主要施策・事務事業

1 人にやさしい安全・安心なまちづくり

災害に即応できる体制づくりと生活基盤となる道路・河川・排水路の整備を推進します。

(1) 除雪計画に基づき,除排雪作業の効率的かつ効果的な実施に努める。

(2) 災害・異常気象時に迅速な対応を行える体制の整備を推進する。

(3) 市民に身近な生活道路および河川・排水路の整備を推進する。

(4) 橋梁の長寿命化のため計画的な維持管理に努める。

2 水や緑が豊かで快適な空間の提供

自然と調和した潤いのある環境の創出と維持を行います。

(1) 観光都市函館にふさわしい景観を備えたまちづくりを推進するため,道路や函館山などの整備を推進する。

(2) 緑の育成と保全を図るため、市と市民が一体となって緑化を推進する。

(3) 子どもや高齢者をはじめ,誰もが快適に公園を利用できるよう整備を推進する。

(4) 道路等の草刈りなど維持管理の徹底を図るとともに,美化活動を推進する。

3 広域交流ネットワークの形成

都市に活力を与え,機能的な都市活動を維持・増進するため,広域幹線道路をはじめとした幹線道路の整備を促進します。

(1) 圏域相互の連携強化を図り,広域幹線道路の整備を促進する。

(2) 市内交通環境の抜本的な改善のため,函館新外環状道路の整備を促進する。

(3) 函館新外環状道路の整備効果を発現させるため,インター線となるアクセス道路をはじめとした関連道路網の整備を推進・促進する。

 

4 各関係機関との連携と協働

土木行政推進のため,行政パートナーである市民や地域との積極的な対話を行います。

(1) 緑化審議会や緑のパートナー会議等,市民意見を施策へ反映させる。

(2) 町会やボランティア団体との協働を推進する。

5 効率的・効果的な組織運営の推進

職員の資質と技術レベルの向上を図るとともに,効率的な組織づくりと経済設計,コスト縮減に取り組みます。 

(1) より円滑で効率的な組織づくりへの取り組みを継続する。

(2) 建設事業,維持管理における経済設計およびコストの縮減や公共事業の評価,審査,監督および検査などチェック機能のレベルアップを図る。

(3) 適切な維持管理計画を立案し,コスト縮減に努めるとともに都市景観の向上と緑化意識の高揚を目指す。

(4) 職員の技術的能力は元より総合力を高めるため,各種研修に積極的に参加させる。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

土木部 管理課
電話:0138-21-3405