平成26年4月の市長の動き

2014年6月6日

4月1日(火)        新規採用職員への辞令交付 【市役所本庁舎】

平成26年度新規採用職員75人へ採用辞令を交付しました。

4月1日(火)        寄附の受贈 【梁川交通公園】

函館セントラルロータリークラブ様から、梁川交通公園の交通安全教育遊具として、動力式ゴーカート3台のご寄贈を賜りました。

4月3日(木)        大間原発建設差し止め等の訴状提出 【東京都】

東京地方裁判所に大間原発建設差し止め等の訴状を提出後、記者会見に出席いたしました。

4月7日(月)       ロシア極東連邦総合大学副学長の来庁  【市役所本庁舎】

ロシア極東連邦総合大学副学長のクリーロフ・ウラジミル氏(同大函館校理事長)が来庁し、ロシア極東地域との交流などについて懇談しました。

4月7日(月)       寄附の受贈  【市役所本庁舎】

野口観光株式会社代表取締役社長の野口秀夫様から寄附をいただきました。いただいた寄附は観光振興のために使用させていただきます。

4月8日(火)       東消防署南茅部支署新庁舎落成式  【東消防署南茅部支署】

東消防署南茅部支署の新庁舎落成式に出席し、祝辞を述べました。

4月8日(火)       南茅部総合センター開所式  【南茅部総合センター】

南茅部総合センターの開所式に出席し、祝辞を述べました。

4月8日(火)       ガールズケイリン選手来庁  【市役所本庁舎】

函館競輪場で開催される「ガールズケイリン」に出場する中村由香里さんと浦部郁里さんが来庁されました。

4月10日(木)       日本外国特派員協会記者会見  【東京都】

日本外国特派員協会で大間原発建設差し止め訴訟に至るまでの経緯や地域の思いについてお話ししました。

4月12日(土)       朝市ひろばテープカット式  【朝市ひろば】

函館朝市ひろばのオープンにあたり、テープカット式に出席しました。

4月14日(月)       函館市と北斗市との駅名にかかる意見交換会  【ロワジールホテル函館】

北海道新幹線新駅の名称について、北斗市と意見交換を行いました。

4月15日(火)       静岡県下田市長来庁  【市役所本庁舎】

静岡県下田市の楠山俊介市長が来庁され、ペリー提督来航160周年を迎えた両市の今後の交流について懇談しました。

4月21日(月)       暴力団の排除に関する合意書締結式  【市役所本庁舎】

函館中央警察署および函館西警察署と、「暴力団の排除に関する合意書」を締結しました。

4月22日(火)       函館市と北斗市との駅名にかかる意見交換会・協議結果の記者会見  【ロワジールホテル函館】

北海道新幹線新駅の名称について、北斗市と意見交換を行い、協議結果を記者会見で説明しました。

4月24日(木)       定例記者会見  【市役所本庁舎】

定例記者会見において、大間原発訴訟費用の寄附金の状況や市長就任3年間の感想などについて質問がありました。

4月24日(木)       北海道市議会議長会定期総会  【函館国際ホテル】

北海道市議会議長会定期総会に出席し、あいさつを申し上げました。

4月25日(金)       「合併建設計画の変更」答申書の手交式  【市役所本庁舎】

各地域審議会に諮問していた「合併建設計画」の期間延長について、答申書をいただきました。

4月26日(土)       松前さくらまつり開会式  【松前町】

松前さくらまつり開会式に出席し、あいさつを申し上げました。

4月30日(水)       青函共用走行区間高速走行早期実現協議会  【ロワジールホテル函館】

北海道新幹線の青函トンネルなどでの高速走行早期実現を目指すために設立された、青函共用走行区間高速走行早期実現協議会に出席しました。

市長の部屋トップに戻る

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち、写真は対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 広報広聴課
電話:0138-21-3630
ファクシミリ:0138-23-7604