令和2年度(2020年度)観光部運営方針(年度評価)

2021年7月13日

組織の使命

観光部のミッション(使命)は,「函館市観光基本計画」に掲げる基本理念「人・まち・文化の宝石箱 新・国際観光都市函館へ」を実現することです。観光を取り巻く社会情勢の変化を見ながら,市を中心に,関係団体・関係機関と調整しつつ,柔軟かつ効果的に施策を実施し,市民参画が可能なものについては,積極的に市民との協働を図ります。

組織の基本方針

新型コロナウイルス感染症により大きく打撃を受けた地域経済の活性化に取り組むとともに,次の6項目を基本方針として,国が提唱する「新たな生活様式」を踏まえ,積極的な取り組みを進めます。

 

 1 地域基盤構築

 2 ビジョンの発信

 3 課題抽出と対策立案

 4 観光力の向上 

 5 魅力発信と誘客促進

 6 地域間連携

年度評価(総評)

令和2年度においては,新型コロナウイルス感染症の影響により,一部事業の中止や変更を余儀なくされたところですが,感染状況や観光関連事業者の意見も踏まえて,ウィズコロナにおける観光施策や国の地方創生臨時交付金を活用した緊急経済対策事業を実施しました。

国内観光客については,まずは近郊エリアからの誘客を目指し,北海道・北東北に対する集中的な観光プロモーションを実施するとともに,「函館市グルメクーポン」の配布や宿泊料金助成など,落ち込んだ観光需要の喚起に向けた取り組みを行ったほか,外国人観光客については,入国制限が緩和された際に速やかな誘客に繋げるため,SNS等を活用したプロモーションを実施しました。また,関係機関と協議の上,感染予防対策を講じながら,「はこだてクリスマスファンタジー」などのイベントを実施したほか,縄文文化に関する通訳ガイドの育成,他都市との広域連携による周遊観光の促進など,観光を取り巻く環境が大きく変化する中,各種施策を積極的に推し進めました。

今後においても,新型コロナウイルス感染症の状況を見極めながら,観光需要の回復に努めるとともに,収束後を見据えた観光施策の実施により,地域経済の活性化に向けて取り組んでまいります。

 

 

令和2年度主要施策,事務事業年度評価(部全体).pdf(221KB)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

観光部 観光企画課
電話:0138-21-3327