函館市日乃出清掃工場 維持管理計画書

2016年8月29日

 

維持管理事項 実施計画 備考
ごみの均一混合

 ピット・クレーン方式によって燃焼室にごみを投入する際,常時,ごみを均一に混合する。

 
燃焼室へのごみ投入

 燃焼室へのごみの投入は,外気と遮断した状態で,定量ずつ連続的に行う

 
燃焼ガスの温度

 燃焼室中の燃焼ガスの温度を,摂氏800度以上に保つ

 
焼却灰の熱しゃく減量

 焼却灰の熱しゃく減量が10%以下となるように焼却する

 
運転開始時の措置

 運転を開始する場合には,助燃装置を作動させる等により,炉温を速やかに上昇させる

 
運転停止時の措置

 運転を停止する場合には,助燃装置を作動させる等により,炉温を高温に保ち,ごみを燃焼し尽くす

 
燃焼ガス温度の測定・記録

 燃焼室中の燃焼ガスの温度を連続的に測定し,かつ記録する

 
集じん器に流入する燃焼ガスの冷却

 集じん器に流入する燃焼ガスの温度を,おおむね摂氏200度以下に冷却する

 
集じん器に流入する燃焼ガスの温度の測定・記録

 集じん器に流入する燃焼ガスの温度を連続的に測定し,かつ記録する

 
冷却設備・排ガス処理設備に堆積したばいじんの除去

 冷却設備および排ガス処理設備に堆積したばいじんを除去する

 
排ガス中の一酸化炭素の濃度

 煙突から排出される排ガス中の一酸化炭素の濃度が,百万分の百以下となるように,ごみを焼却する

 
排ガス中の一酸化炭素濃度の測定・記録

 煙突から排出される排ガス中の一酸化炭素の濃度を連続的に測定し,かつ記録する

 
排ガス中のダイオキシン類濃度 1・2号炉

 煙突から排出される排ガス中のダイオキシン類の濃度が,摂氏0度で,かつ圧力1気圧の状態に換算した排ガス一立方メートル中に酸素濃度12%に換算した数値で0.1ng(TEQ)以下となるように,ごみを焼却する

 
3号炉  煙突から排出される排ガス中のダイオキシン類の濃度が,摂氏0度で,かつ圧力1気圧の状態に換算した排ガス一立方メートル中に酸素濃度12%に換算した数値で1ng(TEQ)以下となるように,ごみを焼却する  
煙突から排出される排ガスの測定

 煙突から排出される排ガス中のダイオキシン類の濃度を年一回以上,ばい煙量又はばい煙濃度(硫黄酸化物,ばいじん,塩化水素,窒素酸化物に係るものに限る。)を六月に一回以上測定し,記録する

 
生活環境の保全

 排ガスによる,生活環境保全上の支障が生じないようにする

 
ばいじんと焼却灰の分離排出・貯留  ばいじんと焼却灰は,分離して排出し,貯留する  
ばいじんの処理

 ばいじん中のダイオキシン類濃度が3ng-TEQ/g以下となるように処理し,併せて,ばいじんの薬剤処理のため,混練装置で,ばいじん,薬剤および水を均一に混合する

 

 

 函館市日乃出清掃工場 維持管理計画書.csvはこちら(2KB)

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

環境部 日乃出クリーンセンター
電話:0138-56-3819
ファクシミリ:0138-56-3258