水産物地方卸売市場の概要

2016年9月2日

設置目的

生鮮水産物等の取引の適正化ならびにその生産および流通の円滑化を図り、もって市民等の生活の安定に資するため、

卸売市場法および北海道地方卸売市場条例に基づき、市に水産物地方卸売市場を設置しています。

 

私たちが毎日食べる魚、野菜、果物、肉、卵などの生鮮食料品や花きは一カ所で生産されているわけではありません。
一つ一つの食料品がバラバラに売られていては何万人、何十万人という大きな台所を賄っていくことができなくなります。

そこで、多種・大量の品物を一カ所に集め、たくさんの買い手との間で公正に値段を決め、短時間に効率よく受け渡しする

だけでなく、売った代金の支払いを速やかに行う必要性から「卸売市場」が生まれてきたのです。
卸売市場には、大量の生鮮食料品が出荷されますが、需要と供給のバランスを図り、せり売りなどによる公正な方法で、

消費者に適正な価格でよりよい商品を安定的に供給することを使命としています。
 

沿革

○昭和40年 7月  水産物公設卸売市場として開設

○昭和48年 2月  函館市水産物地方卸売市場と改称

○昭和56年12月  地方卸売市場として整備計画変更

○昭和58年11月  函館市水産物地方卸売市場棟建設着手

○昭和59年 3月  廃棄物処理施設棟完成、計量施設棟移設

○昭和60年 2月  市場条例および市場運営協議会条例議決

           新市場棟完成

○昭和60年 3月  新市場業務開始

○平成14年 6月  荷捌き上屋建設着手

○平成15年 3月  荷捌き上屋完成

○平成15年 4月  荷捌き上屋供用開始

○平成18年11月  計量施設再整備

○平成26年 4月  指定管理者制度導入

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

農林水産部 市場・販路担当
電話:0138-21-3364
ファクシミリ:0138-23-0325