平成25年4月の市長の動き

2014年2月20日

4月1日(月)

平成25年度新規採用職員71人へ採用辞令を交付しました。函館の未来を担う若い世代に大きな期待を込め、一人一人と握手を交わしました。



4月8日(月)

国際交流を積極的に行っているききょう幼稚園への幼児教育視察にあわせて、ベンソン・オグトゥ駐日ケニア大使が来庁されました。函館ハーフマラソン大会へのケニア出身選手の出場など、今後、当市との交流を深めていきたいとのお話しがありました。



4月13日(土)

函館-大間間に新たに就航する「大函丸」のお披露目会に出席しました。新船「大函丸」の就航により、所要時間が10分短縮となり、船内にはバリアフリールームも新設されました。この航路は、当市と大間町の経済や観光、医療の面でも重要な役割を担っており、地域間交流に大いに貢献していただけると期待しています。



4月18日(木)

函館地区バス協会と災害時におけるバスによる緊急輸送等に関する防災協定を締結しました。市民の皆さんの安全のために、今後も様々な対策を進めてまいります。
和光ビルを含む街区の再開発事業により建設されるマンションの分譲事業者に決定した(株)フージャースホールディングス社長らが来訪され、来年以降分譲を開始する予定であるとお聞きしました。マンション以外の商業施設や駅前地区のテナント誘致などにも協力していただけるとお話をいただき、大きな期待を寄せております。

 

4月19日(金)

平成25年度最初のタウントーキングを行い、5団体と懇談しました。参加していただいた団体の皆さんから活動内容などをお聞きしたほか、少子高齢化や教育、環境など多岐にわたる内容について懇談を行い、有意義な時間を過ごしました。



4月24日(水)

今年度初めての定例記者会見を行いました。各社から大間原発に関する質問のほか、TPPへの参加による農業や漁業に与える影響、人口減少に対する施策についての質問がありました。また、海洋発電や中心市街地活性化に対する考え、今後の市政運営に向けての抱負などをお話ししました。



4月25日(木)

ジェトロ北海道・函館相談窓口開設式典に出席しました。当市では様々な形で海外への販路拡大の取り組みを進めてきたところであり、この相談窓口が地域の企業にとって海外進出への第一歩となることを願っております。



4月30日(火)

株式会社ジャックス様より「はこだてカード」利用額の一部を寄附していただきました。いただいた寄附は子育て支援のために活用させていただきます。



市長の部屋に戻る

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち、写真は対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 広報広聴課
電話:0138-21-3630
ファクシミリ:0138-23-7604