たばこの害

2017年7月4日

たばこの煙には,4,000種類以上の化学物質と200種類以上の有害物質,60種類以上の発がん物質が含まれており,「毒の缶詰」と呼ばれています。

特に,たばこの三大有害物質と呼ばれている,「ニコチン」,「タール」,「一酸化炭素」,人間の体に様々な悪影響を及ぼします。

また,この他にも,ガソリンの成分で発がん性のある「ベンゼン」,農薬として使われている「ヒ素」,ネズミの駆除剤である「シアン化水素」などが含まれています。

有害物質

 

 

ニコチン

末梢血管を収縮させ,心拍数を増やしたり血圧を上昇させ,心臓に負担をかけ血管の老化を促進させます。

強い依存性があり,ニコチンが切れてくると,眠くなったりイライラするなどの「離脱症状」が出現します。

「ニコチン依存症」はこちら  「ニコチン離脱症状と対処法」はこちら

 


 


ニコチンの作用により足の指の血管が詰まり,壊死した状態

(平間敬文著「子供たちにタバコの真実を」より)

 

 

 

タール

「ヤニ」と呼ばれる黄褐色のネバネバした液体。

多くの発がん物質が含まれています。   たばこによる健康影響「がん」はこちら

 

 

タール

 

1日1箱(20本)を1年間吸った場合のタール量

 

 

肺比較

 

左は非喫煙者の肺,右は喫煙者の肺

(平間敬文著「子供たちにタバコの真実を」より)

 

 

一酸化炭素

酸素を運搬する血液中のヘモグロビンと強力に結びつき,酸素の運搬を阻害するため,体内を酸欠状態にします。

全身が常に酸欠状態になり,動脈硬化を促進させます。

 

双子 

 

22歳の一卵性双生児が,40歳になった時にたばこを吸う場合と吸わない場合でどのような違いが見られるかシミュレーションしたものです。

どちらが若く見えますか?

たばこを吸わない右の女性に比べ,たばこを吸う左の女性は,目じりや口周りのしわ,肌のくすみ,歯の色素沈着など喫煙者特有の変化が見られます。

これはたばこの影響による「Smoker's Face(スモーカーズフェイス)」と呼ばれ,年齢以上に老けてみられてしまいます。

 

(英国BBCより)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち,紙面内の文字,文書,表のみをオープンデータ対象とし,写真・図については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-2216