予防接種のお知らせ

2022年3月17日

 

 

 

 

akachann.gif

 

市では,予防接種法に基づいて定期の予防接種を実施しています。

 

感染症を予防する効果的な方法として予防接種があります。予防接種は,ワクチンを体に接種してその病気に対する免疫をつけます。

感染症にかからないためにも,積極的に予防接種を受けることをお勧めします。

また,保育園や幼稚園など集団に入ると病気にかかる機会がおおくなりますので,早めに予防接種を受けましょう。

 

☆函館市内にお住まいの方には予診票とともに『予防接種のしおり』を生後1か月半頃を迎える前に送付しています。

 2か月を過ぎても届かない時はご連絡ください。

 

☆総合保健センターで実施していたBCG接種は,令和4年4月から医療機関での接種に変更となりました。

 

☆子宮頸がん予防ワクチン定期接種の今後の対応について

   子宮頸がん予防ワクチンの安全性や有効性が確認されたことから,個別勧奨の再開など,今後の対応が国から示されました。

    詳しくは,「子宮頸がん予防ワクチン接種について」をご覧ください。

 

☆令和2年10月1日から異なるワクチンの接種間隔が変更となりました。

  (同じ種類のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔については,従来の規定通りとなります。) 

  詳しくは「リーフレット」または「定期予防接種の概要」をご覧ください。   リーフレットはこちら

  

☆令和2年10月1日からロタウイルスワクチンの予防接種が定期接種となりました。

   対象年齢 2回接種ワクチン(ロタリックス):出生6週0日後から24週0日後まで

          3回接種ワクチン(ロタテック) :出生6週0日後から32週0日後まで

  ※令和2年8月1日以後生まれの方が対象となります。

  ※いずれのワクチンも初回接種は出生14週6日後までとなっています。 

  詳しくは「定期予防接種の概要」をご覧ください。

 

☆平成28年10月1日からB型肝炎の予防接種が定期接種となりました。

  対象年齢 1歳になる前日まで(※平成28年4月1日以後生まれの方が対象となります。)

  詳しくは「定期予防接種の概要」をご覧ください。

 

☆平成28年4月1日から日本脳炎の予防接種が定期接種となりました。

  対象年齢 第1期 生後6か月(標準的には3歳)から7歳6か月になる前日まで

         第2期 9歳~13歳になる前日まで

 ※平成19年4月1日以前生まれの方は,特例制度で20歳までの間に第1期・第2期が接種できます。

   詳しくは「定期予防接種の概要」「日本脳炎の予防接種について」をご覧ください。

 

 

● 定期予防接種一覧 はこちら(PDF)

  ※(CSVファイルはこちら)定期予防接種一覧

 定期予防接種の概要 はこちら

● 令和4年度 予防接種実施医療機関一覧 はこちら(PDF)

  ※(CSVファイルはこちら)予防接種実施医療機関一覧

● 予防接種を忘れていませんか? はこちら

● その他の予防接種 はこちら

● 予防接種こんなときは はこちら

● 子宮頸がん予防ワクチンについて はこちら

   

     

 

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータ※は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

※提供しているデータのうち,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真,図については対象外とします。 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

  

関連ワード

お問い合わせ

子ども未来部 母子保健課
電話:0138-32-1533