有毒植物に注意しましょう。

2018年3月6日

食べられる野草の中には,有毒植物との鑑別が,たいへんに紛らわしいものが多く存在します。
  例年,各地で有毒植物を誤食することにより食中毒が発生しています。
  庭や野山の有毒植物による食中毒防止のために,次のことに注意してください。

 

食中毒予防のための注意

◆食べられる野草かどうかの判断に迷う場合は採取しない,また食べないようにしましょう。
 
  ◆食べられる野草と有毒植物が混生していることがあるので,1本ずつ確認しながら採取しましょう。
 
  ◆調理する前にもう一度確認しましょう。
 
  ◆採取した野草をみだりに人に譲ることはやめましょう。

 

 

※食べて異常を感じたときは,すぐに医師の診察を受けて下さい。


 保健所では,山野草の鑑定はおこなっておりません。 

紛らわしい植物の例 (画面をクリックすると大きくなります)

ニリンソウ(食)            トリカブト(毒)                             ヨモギ(食)

nirin_thumb_3.jpgtori_thumb_3.jpgyomogi_thumb.jpg

 

 

ニラ(食)      スイセン(毒)

nira_thumb.jpgsuisen_thumb.jpg

 

 

セリ(食)                 ドクゼリ(毒)

seri_thumb.jpgdokuzeri_thumb.jpg

 

 

ギョウジャニンニク(食)        スズラン(毒)

gyouja_thumb.jpgsuzuran_thumb.jpg

 

 

出典:「庭や野山の毒草ハンドブック」(北海道保健福祉部・札幌市保健所 編)
  写真提供:北海道立衛生研究所
 

--------------------------------------------------------------------------------
 

参考:   有毒植物による食中毒に注意しましょう(厚生労働省)

 

      自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省)

 

      有毒植物による食中毒に関する注意喚起 (厚生労働省)

 

      厚生労働省ツイッター

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
食品衛生担当
電話:0138-32-1523