はこだて美食フェスタについて

 

平成29年2月21日

 

美食フェスタオープニングセレモニー

 函館市長の工藤壽樹です。
 2月18日,19日の2日間,「はこだて美食フェスタ」を開催しました。
 昨年は,北海道新幹線の開業により,多くの皆様に函館にお越しいただき,今年も,新幹線だけではなく,19日のバニラエアの新規就航のほかクルーズ客船も昨年を上回る入港が予定されるなど,陸・海・空の様々な手段で多くの皆様にお越しいただけるものと期待しております。
 観光を楽しむには,観光名所も重要ですが,「食」も重要な要素となります。函館には,函館山からの夜景や異国情緒あふれるまち並みなど豊富な見どころがありますが,「食」もご好評をいただいており,3年連続で第1位となった市区町村の魅力度調査におきましても,「食」の魅力が大きなウエイトを占めています。
 今後は,恵まれた「食」の魅力を一層高めるため,「食によるまちづくり・食の産業化」に取り組み,多くの皆様が「食」を求めて訪れるようなまちにしていきたいと考えています。
 「はこだて美食フェスタ」は,「食の産業化」のキックオフイベントとして,株式会社NKB様との共催により初開催したものであり,日本の未来を担う料理人集団「CLUB RED」と函館の若手料理人がコラボし,地元の良質な食材を使用した自慢の料理を提供いただきました。
 2日間を通じて,市民の皆様をはじめ,およそ8,000人にご来場いただき,素晴らしい料理を堪能いただいたことで,改めて函館の「食」の魅力を再認識いただけたものと思います。市といたしましては,このイベントを「美食のまち函館」の実現に向けたきっかけとして,今後も「食の産業化」にかかわる様々な取り組みを進めてまいります。
 このたびのイベントを成功裏に開催できましたことは,RED U-35実行委員会様,株式会社ぐるなび様をはじめ,多くの企業・団体の皆様のご支援・ご協力の賜物と考えており,改めまして関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます

 

函館市長 工藤 壽樹

 

 

 

バックナンバー