史跡大船遺跡の自然を堪能~春の自然観察会~

2018年5月27日

 

春の自然観察会(1)

 

▲会場の様子 

春の自然観察会(2)


 

5月27日、史跡大船遺跡において、函館市縄文文化交流センター縄文体験講座として「春の自然観察会」が開催されました。

講師の道南歴史文化振興財団事業課長坪井睦美氏とともに、参加者たちは当時の自然環境を再現した「縄文の森」を歩きながら、遺跡から見つかった植物について解説を受けていました。

ヤマブドウのツタは籠の材料に、エゾニワトコの実は発酵させて酒の原料とされていた可能性があることなどの話に、参加者たちは熱心に耳を傾けながら,縄文時代の人々の英知に感心している様子でした。

 

 

※ 提供しているデータのうち、文字、文章のみをオープンデータ対象とし、写真については対象外とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを再配布する場合は、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを改変したもの、本ページのデータを元に作成したものの頒布は禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

南茅部支所 地域振興課
電話:0138-25-5111