「男性家族介護者のつどい」を開催しました

2018年6月11日

 

男性介護者は全国で在宅介護者の3割を占め,男性ならではの介護の悩みを抱える方もいらっしゃいます。

 

男性介護者が相互交流できるつどいの場が悩みなどを話せる機会になればと,今年度1回目となります「男性家族介護者のつどい」を平成30年5月22日(火)に開催しました。

新緑がまぶしく,さわやかな陽気のもと,6名の方が参加しました。

                                                                                                                        

 

 

ミニ講話

亀田北病院 臨床心理士 川崎由里子氏より「認知症のかたへの接し方」というテーマでご講話いただきました。

 

画像1



認知症の方への具体的な望ましい対応を聞くことができ,参加者の皆さんから「わかりやすかった」という声がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 座談会(参加者同士の交流)  

初めて参加された3名の方も一緒に,飲み物を片手に和やかな雰囲気ではじまりました。

本日の講師である,川崎先生にも引き続き同席していただきました。

「昔のことばかり覚えている義母の対応について,川崎先生に直接相談ができてよかった。」という声も聞かれました。

 

画像2

画像3


息子さん同士の交流や,包括支援センター職員・川崎先生を交えての座談会は,あっという間に時間が過ぎました。





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回初めて参加した方から「いろいろな方と話しができてよかった。仕事を休んで来た甲斐がありました。」という感想がありました。

 

 

 

次回は平成30年8月28日(火)を予定しております。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 

男性家族介護者のつどい ちらし(728KB)

次回のつどいお知らせ(582KB)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

  

お問い合わせ

保健福祉部 高齢福祉課
家族介護支援担当
電話:0138-21-3065
ファクシミリ:0138-26-5936