高齢ドライバーの方へ 交通事故を防ぐために

2017年12月28日

反射神経や認知機能など運転に関わるいろいろな機能は,どうしても加齢とともに落ちてきてしまうことがあります。
 事故を起こしてしまう高齢ドライバーの中には、認知機能や運動機能が低下していても、自覚していない方もいます。

 

交通事故を防ぐポイント

運転の際には以下のポイントなどを押さえ,安全運転を心がけましょう

 

 

機能の衰え

 

傾  向 対  策

 

視力の衰え

 

暗いところでの安全確認が難しくなり,青色が見えにくくなる

夜間や雨天での運転はできるだけ控えましょう

また,夕方は早めにヘッドライトを点灯しましょう

 

視野の狭まり

 

信号や標識の見落とし 前方を見渡して信号や標識を早めに確認する習慣をつけましょう

 

瞬発力や脚力の低下

 

ブレーキを素早く強く踏み込めない スピードをひかえ,車間距離を十分確保し,早めのブレーキングを心がけましょう

 

複数の事を同時に処理しづらくなる

 

左右折時に,焦ったり安全確認が疎かになる 交差点は情報量と共に注意する点も多いので,焦らず周囲をしっかり確認しましょう

 

距離やスピード感がとらえにくくなる

 

右折時,前方に対向車が来ていても,まだ遠くにいると見間違える 右折時は対向車が途切れるまで,しっかり待ちましょう

 

75歳以上のドライバーの方の免許制度が変わりました(平成29年3月12日施行)

75歳以上の運転者の免許更新(3年に1回)の際の流れ

  • 免許更新時に受ける認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判断されると,違反状況にかかわらず,臨時適正検査の受検か医師の診断書の提出が義務付けられます。

75歳以上の運転者の免許更新の流れ

臨時認知機能検査と臨時高齢者講習

  • 75歳以上の運転者が,認知機能の低下が疑われる特定の違反行為をすると,「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。

 

 【臨時認知機能検査の対象となる違反行為18項目】

  1. 信号無視
  2. 通行禁止等違反
  3. 通行区分違反(逆走や歩道通行など)
  4. 横断等禁止違反
  5. 進路変更禁止違反
  6. 遮断踏切立ち入り等
  7. 左折又は右折違反
  8. 指定通行区分違反(右折レーンから直進するなど)
  9. 環状交差点における左折等違反
  10. 交差点安全進行義務違反等
  11. 右折時,直進車や左折車への進行妨害
  12. 環状交差点安全進行義務違反等
  13. 横断歩道等での歩行者等の横断妨害
  14. 横断歩道のない交差点での歩行者の横断妨害       
  15. 徐行義務違反
  16. 一時不停止
  17. 合図不履行
  18. 安全運転義務違反(わき見や操作ミス)

 

  • 臨時認知機能検査で「認知機能が低下しているおそれがある」と判断されると,「臨時高齢者講習」を受けなければなりません。
  • 臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けなかった場合は,免許取消免許停止になります。

臨時認知機能検査の流れ

運転に不安を感じたら

視力や反射神経の衰えを感じたり,周囲の人に走行のふらつき等の運転の心配をされたことはありませんか?

一瞬の判断ミスが大きな事故を招いてしまうことがあります。 運転に不安を感じたら,運転免許の返納を検討してみませんか。
 

免許返納後5年以内に申請すると,運転経歴証明書が交付され,身分証明書として使用できます。

 

函館市内にお住まいの方で,自主返納と運転経歴証明書交付申請の手続きができる場所は函館運転免許試験場になります。

 

 【お問い合わせ先】

   函館運転免許試験場

          住所:函館市石川町149-23

    電話:0138-46-2007

    URL:http://www.hakodatehonbu.police.pref.hokkaido.lg.jp/unmen/unmen.html

 

 


by-nc
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、非営利の場合に限り、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、非営利の場合に限り、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

市民部 交通安全課
指導担当
電話:0138-21-3190
ファクシミリ:0138-21-3195