フードジャーを安全に使いましょう!

2017年8月2日

  誤った使い方で蓋が飛んだり爆発することも!!

近年、スープやおかゆを温かいまま持ち運びできる、フードポットやスープジャー等と呼ばれる

 

食品用保温容器(以下フードジャー)の利用が増え、閉めてあったフードジャーの蓋が飛んだ

 

などといった危害危険事例が寄せられているようです。

 

このたび、東京都生活文化局より、フードジャーの安全性に関する商品テストの、テスト結果等

 

についての情報が提供されました。

  

テスト内容

長時間の放置によって蓋が飛んだ事例や、放置したために開閉不能となった場合に、

 

蓋を加温したところ爆発したとの相談事例により、放置テスト及び加温テストが

 

行われました。

 

 

フードジャーを安全に使おう!誤った使い方で蓋が飛ぶことも…

      (東京都生活文化局消費生活部ウェブサイト)

 

消費者へのアドバイス

以下の点に注意して事故の無いよう、安全に使用しましょう。

         

 1.飲食物をフードジャーに入れたまま長時間放置しないようにしましょう。

 

 2.フードジャーが開けられなくなった場合に、温めないようにしましょう。

 

 3.フードジャーが開けられなくなった場合は、取扱説明書に従って対応しましょう。

 

 4.取扱説明書に従って対応しても開かない場合や取扱説明書に記載のない場合は


  販売店に問い合わせましょう。

     

 

 

 

 本件に関する問合せ先

 東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

     電話番号:03-5388-3055

     ファックス番号:03-5388-1332

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード