「株式会社DMM.comをかたる事業者」にご注意ください

2017年3月3日

SMSを用いて有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする「株式会社DMM.comをかたる事業者」に関する注意喚起

 消費者庁によると、消費者の携帯電話に「有料コンテンツ利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します。」などと記載したSMS(ショートメールメッセージサービス:注1)送付し、そのSMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に、「今日中に支払えば訴訟手続を取り下げます。」などと告げ、有料動画サイトの未払料金名目で金銭を支払わせようとする事業者に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

 消費者庁および東京都が合同で調査を行なったところ、「DMM」などと称する「株式会社DMM.comをかたる事業者」(以下「偽DMM」と総称します。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(注2)が確認されたため、情報を公表し,消費者の皆様に注意を呼びかけます。

  (注1) メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス

  (注2) 契約の締結・履行、申込みの撤回・解除・解約に関して、消費者を欺き、威迫して困惑させること。

◎平成28年1月に消費者庁において同様の注意喚起を行なっていますが、その後も偽DMMに関する消費者被害の発生又は拡大がやまないことから、今回改めて注意喚起を行うこととしたものです。

 

  • 偽DMMは、「DMM」、「DMM.com」、[DMM相談窓口]、「DMMコンテンツ」など、動画配信サービス等を提供する実在する事業者である、株式会社DMM.com(以下「真正DMM」と総称します)と同一又は類似の名称を告げています。
    事業者等の名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず話の内容等をよく確認しましょう。

  • DMMの未払料金を支払えというのは詐欺の手口です。
    真正DMMの動画配信サービスの利用により消費者に未払料金等が発生することはありません。

  • 「本日中に連絡がなければ訴訟に移行します。」というSMSは典型的な詐欺の手口です。
    消費者からSMSに記載した電話番号に電話させた上、実在する事業者と同一又は類似の名称をかたって未払料金の名目で金銭を支払わせる、いわゆる架空請求事案は、典型的な詐欺の手口であり、従前から本件と同様の事案が発生しています。
    こうしたSMSに記載されている電話番号には絶対に電話しないようにしましょう

  • SMSではなく消費者の携帯電話に直接偽DMMから電話がある事例もあります。

  •  コンビニエンスストアでギフトカードを購入してそのカード番号を連絡するよう求めるのは典型的な詐欺の手口であり、本件事案と同様の詐欺事案が多発しています。
    事業者から要求されてもギフトカードを購入したり、そのカード番号を教えたりすること等は、絶対にしないようにしましょう。

  • 事業者からの請求に応じて一度でも未納料金等を支払ってしまうと、それ以降も、金銭の支払を請求されるおそれがあります。請求内容に正当な根拠のない請求には、絶対に応じないようにしましょう。

  • 身に覚えのない有料サイトの料金請求には応じないようにしましょう。

  • このようなSMSや電話での要求に関して不審な点があった場合は、お金を借りる前や支払う前に、消費生活センターや警察に相談しましょう。

 

 

  ※株式会社DMM.com

   (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー14F)

    真正DMMは、本件と全く無関係です。

    偽DMMと間違えないよう御注意ください。

 

消費者庁注意喚起全文

 

SMSを用いて有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする
「株式会社DMM.comをかたる事業者」に関する注意喚起【消費者庁】.pdf(447KB)

 

 

本件に関する問合せ先

消費者庁 消費者政策課 財産被害対策室

 TEL:03(3507)9187

 

   相談窓口

その他,不審な電話等を受けたときは,

下記窓口までご相談ください。

 

○ 函館市消費生活センター     0138-26-4646

○ 警察 相談ダイヤル       0138-51-9110 

                (短縮ダイヤル) #9110

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。