市内2件の文化財建造物が,新たに国の登録有形文化財(建造物)に登録されました

2016年11月29日

 

国の文化審議会(会長 馬渕明子)において,7月15日(金)に開催された文化財分科会において

函館市内の2件の文化財建造物を,新たに国の登録有形文化財(建造物)とするよう,文部科学大臣に答申されましたが,

平成28年11月29日(火)の官報告示により,正式に国の登録有形文化財に登録されました。

 

1 文化財の名称および員数 

  きゅうふじさわけじゅうたくしゅおく

  旧藤澤家住宅主屋               1棟

 

  はこだてわいだぶりゅーしーえーかいかん

  函館YWCA会館                 1棟

 

2 登録基準(下線部に該当)

  登録有形文化財登録基準(文部省告示第152号)

   建築物,土木構造物及びその他の工作物

  (重要文化財及び文化財保護法第182条第2項に規定する指定を地方公共団体が行っているものを除く。)

  のうち,原則として建設後50年を経過し,かつ,次の各号のいずれかに該当するもの。

 

  一 国土の歴史的景観に寄与しているもの

  二 造形の規範となるもの 

  三 再現することが容易でないもの

 

 

3 文化財の概要

名称 旧藤澤家住宅主屋  
所在地 函館市時任町28他
構造・形状等 木造、平屋一部2階建、鋼板葺、
建築面積143平方メートル
説明  藤澤家は市内中心部で材木商を営んでいましたが、函館大火後に、富裕層向けの新興住宅地として開発された当地区に移転しました。
 和風意匠を基調とする建物で、昭和9年函館大火後に郊外に展開した新興住宅地に建つ住宅建築の好例です。
備考  

 

名称 函館YWCA会館  
所在地 函館市松陰町6-2
構造・形状等 木造、平屋一部2階建、鋼板葺、
建築面積138平方メートル
説明  元は専用住宅として建てられた洋風住宅です。
 昭和前期に建設された郊外住宅の趣きを示す建物の1つです。
備考  

  

4 函館市内の国登録有形文化財

  登録有形文化財  登録物件17件

  今回の2件で,18・19件目になります。

 

  [参考]函館市内の登録有形文化財一覧

 

5 その他

  なし。

 

 


 

 by
 このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

 ※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
電話:0138-21-3456