石油ストーブ等の給油作業による火災事故にご注意ください

2016年1月29日

    注意喚起

消費者庁では、消費者に対して、石油ストーブ等へ安全に給油していただきたいこと、

自宅の製品がリコール対象商品でないか確認していただきたいこと等について、

注意喚起を行っています。

 

石油ストーブ・石油ファンヒーターの給油タンクの蓋が十分にしまっていない場合、

給油作業中に給油タンクから灯油がこぼれて火災が発生し、死亡に至る危険性があります。

正しい給油方法に従って安全に給油を行ってください。

 

  •   安全に給油する

    • 給油タンクの蓋を確実に閉める
    • 必ず消火した上で給油する
    • 古い製品には特に注意する

  • 自宅の製品がリコール品でないか確認する

 

特に今回、株式会社コロナの石油ストーブのリコール情報が公表されています。

対象商品をお持ちで、まだ製造業者の行う無償点検・修理を受けていない方は、

すみやかに下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

【問い合わせ先

  株式会社 コロナ

   お客様相談窓口:0120-623-238(午前9時~午後5時 土・日・祝日・休業日は除く)

  函館営業所:041-0824 函館市西桔梗町21-2 0138-48-6070

  ウェブサイト:http://www.corona.co.jp/report/oshirase.html

 

消費者庁注意喚起全文

株式会社コロナが製造した石油ストーブのリコール情報(780KB)
       

  過去の注意喚起情報はこちら

 

本件に関する問合せ先

消費者庁 消費者安全課

 TEL:03(3507)9137(直通)

 FAX:03(3507)9290

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード