特別支援教育支援員配置事業

2018年2月23日

函館市では,小・中学校に在籍する教育上特別な配慮を要する児童生徒に対し,学校における日常生活の介助や学習支援を行う「特別支援教育支援員配置事業」として,平成29年度は小学校38校,中学校16校,計54校に,74名の函館市特別支援教育支援員を配置し,次のような活動を行っています。

1 基本的な生活習慣の確立のための日常生活上の介助

・食事や身支度,排泄の手伝いをします。

 

2 教育上特別な配慮を要するお子さんに対する学習の支援

・一斉授業の中で,授業への参加が難しい状況になった時,お子さんが落ち着くまで個別に対応するなどします。

・学用品など自分の持ち物の整理整頓が難しいお子さんに対して,整理場所を教えるなどの介助をします。

 

3 学習活動や教室間の移動における介助

 

4 お子さんの健康や安全面の確保

・図工や家庭科などの実技でカッターや包丁,火などを使う場面で手伝いをし,安全面の確保を行います。

 

5 学校行事における介助

・運動会や遠足など,集団で行動したり,慣れない場所で移動したりする際の支援を行います。

 

特別支援教育支援員は,通常の学級に在籍する教育上特別な配慮を要するお子さんや,特別支援学級に在籍するお子さんに対して,学級担任の学習指導,生活指導の補助を行います。

活動の内容については,保護者の方の要望等も踏まえて,校内の先生方と支援員との話し合いによって,進められます

 

 

函館市特別支援教育支援員配置事業実施要綱.pdf(91KB) 

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

教育委員会学校教育部 南北海道教育センター
電話:0138-57-8251
ファクシミリ:0138-57-6232