除雪機による事故を防止しましょう!

2017年12月25日

   除雪機や除雪道具の使用中に毎年死傷者が出ています!

 消費者庁によると,冬季の除雪作業で歩行型除雪機(以下、「除雪機」といいます。)

を使用中に起こった事故情報が毎年寄せられているようです。また、除雪機の下敷きになり

死亡した、などの事故が発生しており、作業中の本人だけではなく、ご家族などの近くにいた

人が巻き込まれて被害に遭う事故も発生しています。

 これから本格的な積雪時期を迎えるにあたり、除雪機による事故を防止するために、

以下の点に注意しましょう。

 

      

1.服装や作業場の環境をよく確認し、十分な準備・注意をしましょう。

 

2.除雪機の取扱い上の注意を守って正しく使用しましょう。

 

3.除雪作業を行うことを家族や近隣の人などに声かけして、作業中は

  周囲に人がいないことを確認し、人を近づけさせないようにしましょう。

 

4.作業中も天候や体調に注意しましょう。

 

 また、除雪機以外の用具を使用して、除雪作業を行う際の事故情報では、

親が使用していた雪かき用のスコップなどで、子どもが被害にあっている事故

もありますので、除雪機を使用せずに除雪作業を行う場合も注意しましょう。

  

 

  

消費者庁注意喚起全文

  除雪機による事故を防止しましょう!(6MB) 

 

内閣府防災担当チラシ

  よくある除雪作業中の事故とその対策(1MB)

 

安全啓発チラシ(提供:除雪機安全協議会)

 

 除雪機による事故を防ごう!(631KB)

 除雪機を安全にお使い頂くために(289KB)

 

本件に関する問合せ先

消費者庁 消費者安全課 岡崎、山川、角川

 TEL:03(3507)9137(直通)

 FAX:03(3507)9290

消費者庁ウェブサイト:http://www.caa.go.jp/

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード