スプレー缶・カセット式ガスボンベの取扱いについて

2018年3月9日

スプレー缶・カセット式ガスボンベによる火災・事故を防ぐために

スプレー缶・カセット式ガスボンベの取扱いについて

スプレー缶やカセット式ガスボンベは,高圧の可燃性ガスを使用しているため,誤った取扱いによる火災や破裂事故が発生しています。

取扱う際は以下の点に注意し,適切に使用してください。

 

○使用前に製品に記載されている注意書きを確認する。

○本来の使用用途以外に使用しない。

○暖房器具の付近など,火の気のある場所で使用しない。

○使用の際は,十分換気を行う。

○暖房器具の付近や車内,直射日光のあたる場所などの高温となる場所や湿気の多い場所では保管しない。

○簡易型カセットコンロを使用する際は,ガスボンベが正しく装着されているか確認する。

○簡易型カセットコンロを複数並べて鉄板をのせたり,ボンベカバーを覆うような大きな鍋等をのせて使用しない。

 

 

燃やせないゴミとして出す場合

スプレー缶やカセット式ガスボンベを「燃やせないゴミ」として出す場合は,中身を使い切るか中身排出機構(ガスを出し切る仕組み)を活用し,屋外等の通気性が良く,火の気のない場所でガスを出し切ってください。(穴を開ける必要はありません。)

 

詳しくは函館市環境部のホームページをご覧ください。

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話:0138-22-2144
ファクシミリ:0138-22-1934