特殊詐欺の手口を知ろう(1)~還付金詐欺~

2016年8月23日

特殊詐欺の被害に遭われた方の多くは、「自分は大丈夫」と思っていたと言われています。

被害を避けるためには,事前に詐欺の手口を知っておくことが大切です。

詐欺師がどのようにして近付いてくるのかを学ぶとともに、ご家族やご近所などで声を掛けあい、詐欺に備えましょう。

 

還付金詐欺にご注意を!

 

市役所等の公共機関を名乗り、健康保険料や医療費の還付金があるとして、ATMの操作を指示する「還付金詐欺」が横行しています。

詐欺師は、還付金受け取りの手順を教えると言いますが、指示通りにATMを操作すると、逆にお金を振り込んでしまい、詐欺の被害に遭うことになります。

 

このほか、いきなりお金の話をせずに、アンケート調査などと称して、住所や家族構成などの個人情報を聞き出そうとする、詐欺の予兆と思われる電話も数多く報告されています。

 

市役所から突然、電話で個人情報を尋ねたり、還付金のご案内をしたりすることはありません。

少しでも不安に感じたら一度電話を切り、電話帳などで番号を調べて掛け直し、本当に公共機関からの電話なのかを確認しましょう。

 

また、内容に関わらず、ATMの操作を指示する電話は全て詐欺と考えましょう。

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

市民部 くらし安心課
電話:0138-21-3189
ファクシミリ:0138-23-7173