恵山への登山

2016年4月19日

活火山「恵山(えさん)」の登山について

恵山は今も噴煙をあげている活火山で、渡島半島の南東部端の太平洋に突き出た位置にあります。

火口原駐車場(標高約300m)までは車で登ることができます。

恵山登山口バス停~火口原駐車場(恵山登山道路)

距離約4km(標高差約300m)

車で片道約10分(大型バスは片道約15分) 徒歩で片道約1時間です。

(注)恵山登山道路の車両が通行できる時間は、午前6時から午後6時までです。 

    恵山登山道路につきましてはこちらも参考にしてください。 

火口原駐車場までの登山道路の様子はGoogleのストリートビューでご覧いただけます。

ページ下段の地図からも利用可能です。   

火口原駐車場~恵山山頂

 恵山火口原駐車場から恵山 画像をクリックすると大きい画像が開きます。

  

徒歩のみ 火口原駐車場から恵山山頂コース(権現堂コース)は,片道約40分~1時間です。(標高差約310m)

登山の様子は、函館市公式観光情報「はこぶら」でも紹介されております。こちらも参考にしてください。

トイレ 

恵山山頂方面、海向山方面にトイレはありません。火口原駐車場のトイレをご利用ください。

 

画像をクリックすると大きい画像が開きます

 

登山口トイレ 恵山登山口 つつじ公園駐車場トイレ つつじ公園駐車場 火口原駐車場トイレ 火口原駐車場 

恵山山頂からご覧になれる海や山 ※天候により見えない場合もあります。

東方向 太平洋・日高山脈(日高山脈は年に数回のみ)

北方向 駒ヶ岳・羊蹄山・有珠山・昭和新山・測量山(室蘭)・樽前山

西方向 函館山・横津岳

南方向 津軽海峡・下北半島(尻屋崎~大間崎)・津軽半島(竜飛崎)

 

No.1 No.2 No.3 No4

  画像をクリックすると大きい画像が開きます

No.1 駒ヶ岳

No.2 函館山と当別丸山

No.3 五稜郭タワーと函館湾

No.4 測量山(室蘭)・昭和新山・羊蹄山

 ※撮影時には遠くが霞んでいたため画像は色補正等を行っています。

 

 ※ミニ知識 太平洋と日本海の境界は恵山岬と尻屋崎を結ぶラインです。(津軽海峡は日本海に属します)

 

登山の参考資料(ガイドマップ・写真)

1 ガイドマップ 

 函館まちあるきマップNo.20 (PDF)リンク先:函館市公式観光サイト「はこぶら」

 恵山登山ガイドマップ   (PDF) 

2 航空写真 

 恵山登山口~火口原駐車場 (PDF)・恵山南西方面から (PDF)

3 写真 火口原駐車場 (JPEG)

登山の注意事項

○恵山は活火山です。

 

火口付近は、火山ガスを含む噴気が出ています。

むやみに近寄らないようにしてください。

突然噴火する可能性は否定できません。十分ご注意ください。

 

恵山の火山災害対策については,こちらをご覧ください。(リンク先:函館市の恵山の火山災害対策)

 

 

 

活火山「恵山」の火山活動

 

恵山の火山活動については、気象庁のサイトにて月単位で発表されています。

 

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/monthly_vact_114.html

 

また、現在の恵山の様子は、気象庁火山カメラの画像でご覧になれます。

 

気象庁火山カメラ画像 http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php

 

※上記リンク先の右側にある「恵山 高岱」を選択すると、現在の恵山の様子がご覧になれます。

 

 

○ヒグマに遭遇しないように次のことに注意してください。

 

1 音を出してヒグマに自分の位置をしらせましょう。

2 天候の悪い日は特に注意!

3 周囲に気を配る!

4 ゴミは絶対残さない!(ヒグマを引き寄せる要因になります)

 

次のサイトも参考にしてください。

リンク先 北海道渡島総合振興局作成「渡島のひぐま」 

地図

恵山への登山

関連ワード

お問い合わせ

恵山支所 産業建設課
電話:0138-85-2336
ファクシミリ:0138-85-2658