市電車内での温風にご注意ください

2014年4月16日

街から雪が消え,春になりましたが,朝晩はまだまだ寒いです。市電では寒い時に,運転士の判断により暖房を入れております。
約半数の電車の暖房は,温風吹き出し式となっておりますが,構造上,吹き出し口が偏っており,かつ熱量調整ができない仕組みとなっております。

そのため,広い車内を満遍なく暖めるために,かなり高温の温風を吹き出すこととなり,吹き出し口付近にお座りのお客様の足下は、かなり熱くなる可能性があります。

吹き出し口付近の窓には, 「温風注意」のステッカーを貼り出し,鉄道むすめ「柏木ゆの」が注意を呼び掛けております。お座りの方は十分ご注意ください。

 

    

関連ワード

お問い合わせ

企業局交通部 施設課
電話:0138-51-7565