中学生海外派遣事業

2014年6月13日

市内の中学生を姉妹都市をはじめとする海外諸都市に派遣する事業で,平成12年度から実施しています。
この事業は,海外の中学生・市民等との交流を深めることにより,未来の函館を担う中学生を広い視野と国際感覚を備えた人材として育成することを目的としています。

派遣実績

年度 派遣都市 派遣人数 派遣日程
19 ユジノサハリンスク市 15人  平成19年9月7日〜14日
   〃  (前年度延期分) 8人  平成19年9月23日〜26日
ウラジオストク市 20人  平成19年10月2日〜9日
レイク・マコーリー市 20人  平成19年10月24日〜29日
20 ユジノサハリンスク市 15人  平成20年9月12日〜19日
レイク・マコーリー市 16人  平成20年11月5日〜10日
21 ウラジオストク市 21人  平成21年10月18日〜25日
22 レイク・マコーリー市 21人  平成22年11月11日〜18日
23 レイク・マコーリー市 13人  平成23年11月10日〜17日
24 高陽市 20人  平成24年10月18日〜21日

過去の派遣においては,各都市で学校訪問,ホームステイ,市内見学などを通じて,海外の中学生,市民等との交流を深めています。

対象となる生徒

  1. 市内に居住している中学生(市内の中学校に通学する者に限る)です。函館市では次のような資質を備えた生徒を派遣したいと考えています。
  2. 国際交流や国際化について自分なりのテーマを持って参加できる。
  3. 郷土函館をアピールし,函館の観光大使的役割を担える。
  4. 現地での交流の際に,特技を披露するなど自分をアピールできる。
  5. 日本文化を実践し,紹介できる。(書,和太鼓,日本舞踊,歌舞伎,茶道,華道など)
  6. 研修の際に積極的に行動ができ,人前でも堂々と発言できる。
  7. 自分の語学力を試し,積極的にコミュニケーションを図ることができる。
  8. 団体行動をとることができ,協調性がある。
  9. 帰国後も国際交流に関わり,ホストファミリー等を積極的に引き受けられる。

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会学校教育部 学校教育課
電話:0138-21-3554