縄文遺跡の里

2016年4月1日

ようこそ縄文遺跡の里へ

 

    コンテンツ
   南茅部支所の紹介へ戻る
   縄文遺跡の里ホーム 
     南茅部 遺跡ガイド
     大船遺跡見学ガイド
     縄文文化交流センター

南茅部は、資源豊かな海と山に囲まれ、縄文の人々が生活し、文化を発展させるうえで絶好の自然環境に恵まれています。
そのため、この地域には縄文時代早期から晩期にかけておよそ7千年もの間、縄文文化が栄え、発掘された遺跡からは、当時の人々の暮らしを物語る貴重な遺物が出土されています。

大自然の恵みの中で花開いた「縄文の世界」をお楽しみ下さい。

 

北海道初の国宝 「中空土偶」

iseki_img3-1.jpg

今から約3,300年前のこの土偶は、縄文時代後期末につくられたものです。
中が中空になっているため、「中空土偶」と呼ばれ、平成19年6月8日、北海道初の国宝に指定されました。
縄文時代の信仰や祭祀の実態を明らかにする上で欠かせない資料であり、縄文時代後期を代表する優品として、また土偶造形の到達点を示すものとして、極めて貴重です。
昭和50年、尾札部の小板アエさんが農作業中に偶然発見しました。
※土偶が発見された遺跡は、現在、見学できません。
 

   


お問い合わせ

 生涯学習部文化財課 
 電話:0138-21-3472 ファクシミリ:0138-27-7217