エイズ検査について

2016年3月1日

平成25年は,全国でのHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者とエイズ患者数の新規報告の合計が1,590人と過去1位の人数となり,1日あたりの発生者数が約4.4人となっています。

日本におけるHIVの感染経路のほとんどは性行為によるものです。感染しやすい行為をすれば誰でもうつる可能性があり,他人事ではなく「自分の問題」と考えることが大切です。

幸いHIV感染は感染経路や予防法がすでにわかっており,自身の行動によって感染を予防することができます。

また,適切な時期に検査を受け,HIV感染を早期発見することにより早期治療につながり,エイズの発病を長期間抑えることが可能となります。

エイズ検査を受けるには

・電話での事前予約が必要です。(下記参照)

・匿名(とくめい)検査なので,予約時は性別と年齢だけお聞きします。

・料金は無料です。

・採血による血液検査です。

・約30分で検査結果がわかります。

・証明書(有料)が必要な場合は,受付時に申し込むと,後日発行されます。日本語と英語での発行が可能です。

エイズQ&A

Q:エイズはどんな病気?

A:エイズとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することによって,免疫力が低下して生じる様々な病気の総称で「後天性免疫不全症候群」のことを言います。

 

Q:どうしたら感染するの?

A:血液による感染,性行為による感染,母子感染が主な感染経路です。日本では,性行為による感染が多くなっています。

 

Q:もし感染したらどうなるの?

A:HIVに感染してもすぐに発症するわけではありません。近年では,抗HIV薬が開発され,感染してもエイズの発症を遅らせることができるようになりました。

 

Q:食べ物や飲み物でも感染するの?

A:HIVは感染力の弱いウイルスで,通常の社会生活の中で感染することはありません。勘違いされがちですが,食べ物や飲み物,食器,咳やくしゃみ,お風呂,トイレの便座,握手,蚊などを介して感染することはありません。

 

Q:検査を受ける時期はいつがいいの?

A:HIVの感染初期では血液検査で抗体やウイルスが検出されない期間(ウインドウ期)が約2か月間ありますので,どうしても心配な場合は,感染したと思われる日から2ヶ月以降の検査でもひとつの目安を得ることができますが,正確な検査結果を得るためには,感染したと思われる日から3か月以上たってから受けることをお勧めします。

予約申込先

函館市医師会検診検査センター

函館市湯川町3丁目38番41号

電話番号:57-6571

受付時間:平日午前9時~午後5時

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

保健所 保健予防課
感染症・難病担当
電話:0138-32-1547
ファクシミリ:0138-32-1526