家屋の耐震化

2016年6月1日
地震に強い建物

地震災害で負傷者を出さないためには,住んでいる家が大地震に耐えられるかどうかが重要なポイントとなります。阪神淡路大震災の被害の検証から,昭和56年以前の建築基準により建築された家屋に被害が多かったことから,目安として,建築年次が昭和56年より前か後かがひとつの判断方法としてあげられます。

BS11_01.JPGBS14_23.JPG

耐震診断と耐震改修

住んでいる家が大丈夫かどうかを知るためには,専門家による診断が必要で,また,家を改修するといっても相当の経費を要します。まずは,専門家の診断が必要かどうかを判断するために,自己診断をしてみましょう。

「我が家の耐震診断と補強方法(建築指導課)」はこちら

→「北海道耐震改修促進計画(道庁)」はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489