北海道防災対策基本条例

2016年6月1日

 

防災に関する条例

北海道では,災害に強い地域社会の実現を目指し,基本理念や道民,道の責務を明らかにするため,防災対策の基本的な事項を北海道条例で定めております。

自助,共助,公助の観点から,適切な役割分担を図り,北海道,市町村,自主防災組織,事業者,そして道民がそれぞれの責務を果たすことが,効果的な減災につながります。

北海道防災対策基本条例

「条例の概要(pdf)」はこちら

「条例の本文(pdf)」はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489