未成年者とたばこ

2014年3月18日

未成年者の喫煙がいけない理由

未成年は体の成長段階にあり,細胞分裂や新陳代謝が活発で,たばこの煙に含まれる有害物質が吸収されやすく,成人に比べたばこによる病気の発症率が高くなるなど,健康への影響が大きくなります。

そのため,「未成年者喫煙禁止法」という法律で未成年の喫煙が禁止され,健康被害から守られています。

 

 

喫煙開始年齢別に見た肺がんの死亡率

 

喫煙開始年齢

平山雄「計画調査」(1966~1982)

 

 

また,ニコチンの影響をうけやすく,すぐにたばこがやめられなくなるだけでなく,未成年のうちから喫煙を開始した者は,成人してから喫煙を開始した者に比べ,将来禁煙に失敗する率が高く,いわゆる「ニコチン依存度」が高い傾向にあるという報告もあります。

未成年の喫煙は,ためしがききません!はじめの1本を吸わないことが大切です!

 

 

未成年者のたばこに関する状況

市では,未成年者の喫煙を防止するため,喫煙防止講座を実施しています。

平成27年度に実施した講座を受講した,市内の小学校3~6年生および高校生にアンケートを実施しました。

 

 

周りでたばこを吸う人がいますか?

 

 周囲の.jpg

 周囲の喫煙者の有無.csv(71Bytes)

 

 

 

たばこに対するイメージ(複数回答)

 

たばこのイメージ.jpg

 たばこに対するイメージ.csv(270Bytes)

 

 

 

大人になったとき自分がたばこを吸うと思いますか?

 

講座前.jpg  講座後.jpg 

 大人になったときたばこを吸うか.csv(155Bytes)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-2216