函館市アスベスト対策支援事業

2018年1月15日

 

  平成29年度函館市アスベスト対策支援事業          

 

    今年度の申込みの受け付けは終了しました。

 

 

 

事業の目的

アスベストが露出して使用されている建築物は,市民に健康被害を及ぼすおそれがあり,速やかに飛散防止対策を行う必要があります。そのために函館市では,建築物の所有者等が,吹き付け材にアスベストが含まれているかどうかを早急に確認する必要があり,その含有調査に要する費用の全部を補助します。

 

補助の内容

補助対象建築物

 次のいずれにも該当する市内の建築物
       ○市内に存する吹き付けアスベスト等が露出して施工されているおそれがある建築物
       ○同一敷地内に存する他の建築物について,この補助金の交付を受けてたことがないもの
         (所有者が異なる建築物または他の区分所有者が所有する部分は除く。)

 

補助対象者

次のいずれかに該当し,市税の滞納がない者
       ○所有者
       ○区分所有者   ・建物の区分所有等に関する法律第2条第2項に規定する区分所有者
                   (自ら所有する占有部分に限る。共有部分は,区分所有者全員の同意が
                    あれば可能)
       ○管理組合法人等 ・建物の区分所有等に関する法律第3条または第65条に規定する
                     団体の代表者
                      ~法人ではない管理組合~
                     ・建物の区分所有等に関する法律第47条第1項に規定する法人
                      ~管理組合法人~
        ※市長がやむを得ないと認める場合はこの限りでない

 

補助金の額

○補助率:アスベスト含有調査に要する費用の額以内
         (消費税相当額を除く。千円未満切り捨て)
       ○限度額:25万円

 

調査方法

原則,JIS A 1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」

 

ダウンロード

対策支援事業パンフレット(2MB)

分析機関.pdf(20KB)

○申請書等様式のダウンロード

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

都市建設部 建築行政課
指導担当
電話:0138-21-3394
ファクシミリ:0138-27-3778