資材置き場等の土地造成について

2014年2月27日

資材置き場等の土地造成について

函館市良好な地域環境の形成に関する開発指導要綱 (平成8年2月15日施行)

この要綱は,市の区域内において行われる小規模な特定の開発行為(資材置き場や建築物の用に供する土地造成)に関して,必要な基準等を定めることにより,良好な地域環境の形成と健全な生活環境の確保を図ることを目的とする要綱です。

 

要綱が適用される開発行為

  1. 函館市の区域内において主として建築物の建築および特定工作物の建設ならびに資材置き場等の建設の用に供する目的で開発するものであって,その規模が1,000平方メートル以上,10,000平方メートル未満の一団の土地であること。(市街化区域,市街化調整区域,都市計画区域外すべての区域が対象となります。)ただし,都市計画法・宅地造成等規制法などの法律に基づき許認可を受けて行う開発は除きます。
  2. 1.の区域において土地利用の際に土地の区画形質の変更を行うもの。

土地の区画形質の変更とは・・・

  • 農地転用
  • 土地の切り盛りが30cmを超える造成
  • 公共施設の配置

・・・のいずれかが含まれる場合

 

上記の1,2のいずれにも該当する小規模な特定開発行為を行う場合は,事前にこの要綱に基づき函館市との協議が必要となります。

指導要綱の詳細について

要綱のダウンロードや手続きの詳細については,こちらのリンク先をご覧ください。(→良好な地域環境の形成に関する開発指導要綱のページ)

 

1ヘクタール以上の規模となる資材置き場の造成について

北海道が定めた「北海道自然環境等保全条例」に基づく知事の許可が必要となります。詳しくはリンク先のページを参照願います。
特定の開発行為許可制度のあらまし(北海道環境生活部環境推進課)

  

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

都市建設部 都市整備課
開発指導担当
電話:0138-21-3395
ファクシミリ:0138-27-3778