各種がん検診のご案内

2016年4月1日

現状

函館市における死因の第1位は昭和55年以降「がん」によるもので,全死亡数に占める割合も徐々に高くなっていますが,近年の医学の進歩により,早期に発見すれば治る率が高くなっています。

市では,医療機関などに委託して各種がん検診を実施しています。早期発見のため,定期的に受診しましょう。

受診について

「胃・肺・大腸がん」は1年(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)に1回,「子宮・乳がん」は2年に1回となります。

胃がん検診については,指定医療機関(個別検診)や保健福祉部健康増進課(集団検診)へ事前に予約が必要です。

なお,胃がん検診の受診を希望される80歳以上の方は,指定医療機関での受診となります。

肺がん検診については,函館市総合保健センター(2階),各町会館等で行う「特定健康診査」の集団健診会場で受診できます。

大腸がん検診については,指定医療機関での受診のほか,保健福祉部健康増進課(TEL32−1532)に連絡し,送られてきた容器に便を採取して,函館市総合保健センター(2階),各町会館等で行う「特定健康診査」の集団健診会場に持参してください。

子宮がん検診は,受診時点で20歳以上の西暦で偶数年生まれの方

乳がん検診は,受診時点で40歳以上の西暦で偶数年生まれの方が対象となります。

予約が必要な医療機関もございますので,事前にお問い合わせください。

(子宮頸がん,乳がん検診無料クーポン券事業の対象者は,これとは別に定めています。)

なお,子宮頸がん,乳がん検診無料クーポン券を利用して受診した方が,再度,下記の当該がん検診を受診することはできませんのでご注意ください。

※各種がん検診を受診する際には,健康保険証,印鑑をお持ちください。

各種がん検診内容

検診名 対象者 内  容 実施方法 実施場所 料  金
胃がん

満35歳以上の市民

問診
胃部X線撮影
(バリウム)
指定医療機関 医療機関一覧 1,000円
検診車による集団検診 日程表
肺がん
満40歳以上の市民
問診
胸部X線撮影
喀痰(かくたん)検査
特定健診と併せて実施 特定健診会場
X線のみ
100円
X線・喀痰
600円
大腸がん

満40歳以上の市民

問診
便潜血検査
指定医療機関 医療機関一覧 1,000円
特定健診会場へ持参 受診についてを参照 500円
子宮がん
西暦で偶数年生まれの
満20歳以上の市民
問診
視診
細胞診および内診
指定医療機関 医療機関一覧 頸部のみ
1,500円
頸部・体部
2,200円
乳がん

西暦で偶数年生まれの

満40歳以上の市民

問診
マンモグラフィ
40~49歳:2方向撮影
50歳以上:1方向撮影
指定医療機関 医療機関一覧 1,800円

※戸井・恵山・椴法華・南茅部地域では,上記以外にも地域ごとに巡回健診を実施しています。

受診料の免除について

※受診の際に,次の証明書のいずれかを持参(提出)すると料金が免除になります。

1 健康保険高齢受給者証(70歳〜74歳)

2 後期高齢者医療被保険者証

3 函館市重度心身障害者医療費受給者証

4 世帯全員が非課税である場合(生活保護受給世帯を除く。)

  健康保険証の提示および世帯全員の市民税課税証明書※1など非課税であることが確認できる最新の書類の提出※2

※1 市民税課税証明書は,交付手数料が300円かかります。(個人ごとの発行になります。)

※2 健康保険証と市民税課税証明書など非課税であることが確認できる書類のどちらかをお忘れになると免除となりませんのでご注意ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-1532