景観形成住宅等建築奨励金制度

2018年4月2日

景観形成住宅等建築奨励金制度とは

函館の西部地区には,和風・洋風・和洋折衷様式などの歴史的な建築様式を受け継ぐ建物が今も数多く建ち並び,坂道などと融け合いながら,函館らしい町並みが形成されています。


市では,このような函館らしい歴史と文化を形づくっている景観を有している地域を「都市景観形成地域」に指定して,景観の保全に努めています。


都市景観形成地域の歴史的な景観を維持していくために,地域内において函館らしい歴史的な景観に配慮して建てられた建物に対し,奨励金を交付します。

 

景観形成住宅等建築奨励金利用実績のページはこちら

 

奨励金を受けることができる地域

奨励金を受けることができる地域は,都市景観形成地域内で伝統的建造物群保全地区を除いた地域となります。

 奨励金対象地域図

 

奨励金の対象となるもの

下記の条件を満たしているものが,奨励金の対象となります。

  1. 都市景観形成地域内(伝統的建造物群保存地区を除く)の公道(国道,道道,市道)に面する場所において建物を新築する場合,既存の建物を改修する場合および新築された建物を購入する場合。
  2. 建物については,「函館らしい歴史的な景観への配慮基準」に適合している必要があり,配慮基準の適合については,景観アドバイザーと協議していただきます。
  3. 建物の用途は,住宅,店舗,事務所等であること。
  4. 建物の階数は2以下とし,地階を有しないものであること。
  5. 外構については,住宅等および周囲の景観と調和のとれたものであること。
  6. 屋外広告物を設置する場合は,建物および周囲の景観と調和のとれたものであること。

 

奨励金の対象となる様式

新築,購入の場合

和洋折衷様式

改修の場合

和風様式,洋風様式,和洋折衷様式,防火造町家様式

 

奨励金の額

建物の外観にかかる経費の40パーセント以内の額で,200万円を限度とします。

 

受付期間

随時受け付けています。ただし,交付決定が予算額に達した時点で,申込を締め切ります。

 

建物の写真の使用について

奨励金を受けた建物については,パンフレットやホームページ等に掲載させていただく場合があります。

 

ダウンロード

奨励金パンフレット(690KB)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

都市建設部 まちづくり景観課
景観担当
電話:0138-21-3388
ファクシミリ:0138-27-3778