市街化調整区域の環境形成に関する基本方針

2014年1月17日

策定の目的

 

「市街化調整区域の環境形成に関する基本方針」(以下「基本方針」)は,市街化調整区域における自然環境等の保全と適切な都市的土地利用を誘導するため定めたものです。

かつて,函館市の市街化調整区域は,住宅,医療・福祉施設,廃棄物処理施設および資材置場などが散在的に立地し土地利用の混在化が進行していました。また,これに伴い自然環境への影響や相隣間のトラブルなど様々な問題が顕在化しつつありました。

そこで,このような土地利用の課題に対応するため,整備,開発及び保全の方針(以下「整開保」)における,市街化調整区域内の土地利用方針を詳細化したものとして,この基本方針を平成16年3月に策定しました。

なお,上位計画である整開保の改正(H23.3)および函館市都市計画マスタープランの策定(H23.12)を受け,平成24年3月に2回目となる基本方針の改正を行っています。

 

 

基本方針の概要

基本的な考え方 → 本文はこちら


市街化調整区域において,自然環境等の保全と一定の秩序ある都市的土地利用の両立を図る。

区分した区域ごとに,方針を明らかにし,市街化調整区域における良好な環境の形成を図る。 

 

 

上位計画における土地利用の方向 → 本文はこちら


○ 整備,開発及び保全の方針(H23.3 改正,北海道)

  • 持続可能でコンパクトなまちづくりに向けた都市づくりを理念とする。
  • 新たな住宅地を形成するための市街化区域の拡大は行わない。

 

○ 都市計画マスタープラン(H23.12 決定,函館市)

  • 市街地の拡大抑制や各種都市機能の集積を図り,持続可能で,歩いて暮らせるコンパクトなまちづくりを推進する。
  • 市街地の拡大は行わない。

 

自然環境等の保全に関する方針 → 本文はこちら


  1. 農地は,作物生産機能,保水・遊水機能など公益的機能の増進のため保全する。
  2. 森林は,造林・間伐などを進めるほか,水源かん養など公益的機能の増進のため保全する。
  3. 緑地は,風致地区や特別緑地保全地区の指定および市民緑地制度の導入等を検討する。
  4. 河川は,適正な維持管理を進め,良好な河川環境を保全する。
  5. 上水道の水源環境を保護するため,水道水源域を対象に水道水源の保全に努める。

 

都市的土地利用に関する方針 → 本文はこちら


<幹線道路沿道地域>

  1. 石川新道・外環状線・空港通・空港ターミナル通の沿道地域においては,「函館市開発審査会付議基準」により地区の特性を生かした土地利用を誘導する。

<既存集落・既存住宅地>

  1. 50戸連たん地域や亀尾地区,函館空港南地区においては,地区の特性に応じ基盤整備を段階的に進めるほか,「函館市都市計画法施行条例」や「函館市開発審査会付議基準」に基づき適切な土地利用を誘導する。

<廃棄物処理施設>

  1. 「函館市廃棄物処理施設設置等指導要綱」により,生活環境・自然環境等への影響に配慮した位置へ立地を図る。

<公益的施設:医療・社会福祉施設等>

  1. 公益的施設の新たな立地については,50戸連たん地域等において,主として当該地域の居住者が利用するものに限定する。

<残土処分場等>

  1. 「函館市公共工事建設発生土処理指針」に基づく総合的な対策を講じる。また,「函館市土地の埋立て等に関する指導要綱」に基き,土砂等の流出による災害の防止と環境の保全を図る。

 

生活関連施設の整備に関する方針 → 本文はこちら


<道 路>

  1. 市街化区域と既存集落を連絡する市道の整備を推進する。

<生活排水・汚水,雨水処理>

  1. 生活排水・汚水が適正に処理されるよう,合併処理浄化槽の設置を促進する。
  2. 開発行為等に伴う雨水流出量の増加を抑制するため,洪水調整池等の流出抑制施設の設置を促進する。

 

建築物の形態制限に関する方針 → 本文はこちら


  1. 【建ぺい率50%・容積率100%】と【建ぺい率60%・容積率200%】を,地区特性に応じて指定する。
  2. 道路幅員・隣地距離に応じた建築物の各部分の高さの制限に関する数値を,地区特性に応じて指定する。

 

既存集落等の地区別土地利用の方向性等 → 本文はこちら


地区ごとの土地利用の方向性と建築できる建築物の用途の概略を明示

 

基本方針の全文

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

都市建設部 都市計画課
土地利用担当
電話:0138-21-3360