函館市職員研修に関する基本方針

2017年3月16日

職員の研修については,地方公務員法第39条第1項に「職員には,その勤務能率の発揮および増進のために,研修を受ける機会が与えられなければならない。」と規定されており,その研修は,「任命権者が行うもの」(同条第2項)とされています。

函館市では,この規定に基づく職員の研修に関して必要な事項を「函館市職員研修規程」に定めるとともに,平成17年4月に策定した「函館市職員研修に関する基本方針」に沿って,研修を計画し実施しています。

この「函館市職員研修に関する基本方針」については,平成21年6月に策定された「函館市人材育成指針」や,平成22年度に実施した「事業レビュー」における職員研修への意見等も踏まえ,現在,見直しの作業を進めています。

 

基本方針の概要

函館市職員研修に関する基本方針の策定事項は次のとおりです。 

1.研修の目標
 2.研修の位置づけ
 3.研修計画の指針
 4.研修の体系

 

基本方針,研修計画および実績 

職員研修に関する基本方針の全文,研修計画および実績は次のとおりです。

函館市職員研修に関する基本方針(全文)(208KB)

 

 

平成29年度 研修計画(412KB)

 

平成28年度 研修実績(216KB)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

総務部 人事課
電話:0138-21-3663